Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クランベリー

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

クランベリーは果物です。そのまま食べたり、ゼリーやジュースなどの食品に加工したりします。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

クランベリーは多くの場合、尿路感染症の予防と症状の緩和に役立てるために摂取されます。尿路感染症予防に対するクランベリーの有効性は立証されています。加工されていない生のクランベリージュースにはアントシアニジンが含まれており、Escherichia coli大腸菌(尿路感染症を引き起こす主要な細菌)が尿路壁に付着するのを防ぎます。

発熱やある種のがんの治療を目的として、クランベリージュースを摂取する場合もあります。しかし、こうした使用による有効性を示す科学的根拠はありません。

起こりうる副作用

副作用は知られていません。しかし、ほとんどのクランベリージュースは酸味を和らげるために非常に甘くしてあるため、糖尿病の人は人工甘味料が使用されているもの以外は摂取すべきではありません。腎結石がある人は、クランベリー製品を摂取する前に医師に相談すべきです。

薬との相互作用の可能性

クランベリー製品は血栓予防薬(抗凝固薬のワルファリンなど)の効果を増強することがあり、重度の出血を引き起こす可能性があります。したがって、ワルファリンを服用している人は、クランベリージュースを同時に摂取すべきではありません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP