Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

イチョウ

執筆者:

Melissa G. Marko

, PhD, Nestle Nutrition;


Ara DerMarderosian

, PhD, University of the Sciences

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

イチョウは、街路樹として植えられることの多い樹木であるイチョウの葉から得られます。イチョウの葉には多くの生物学的有効成分が含まれています。イチョウは最も多く使用されているハーブのサプリメント(栄養補助食品)の1つです。

イチョウ製品にイチョウの実が使用されることはありません。イチョウの木の下に落ちているのを見かけますが、イチョウの果肉に触れると、重度の炎症(皮膚炎)を起こすことがあります。イチョウの種子には毒性があり、けいれんを起こすことや、大量に摂取した場合には死亡することがあります。

薬用ハーブと機能性食品の概要も参照のこと。)

効能

イチョウは止血を促す血小板の正常な凝固能を低下させたり、血管を拡張したり(このため血流が改善します)、炎症を軽減します。イチョウを摂取する目的は様々です。例えば、下肢動脈のアテローム硬化症血管疾患(末梢動脈疾患)では、下腿への血流を改善します。また、認知症(アルツハイマー病など)の治療にもイチョウは用いられます。末梢動脈疾患にイチョウが有益であることは、効果は小さいものの、科学的研究によって示されています。イチョウにより、患者が痛みを感じないで歩ける距離が延長します。大規模臨床試験の結果からすると、認知症に対する有益性はなさそうです。この臨床試験では、イチョウに高齢者の認知症やアルツハイマー病を抑える効果は認められませんでした。しかし、以前米国で行われた大規模の臨床試験では、イチョウが軽度から中等度の認知症患者の精神・社会機能を一時的に安定化させることが示されました。

研究によると、イチョウは記憶障害、耳鳴り加齢黄斑変性の軽減、ならびに高山病の予防に役立つ可能性があります。イチョウは免疫抑制薬の1つであるシクロスポリンによる腎障害を予防することがあります。

起こりうる副作用

通常、イチョウ葉エキスには、軽度の消化管の不調以外の副作用はありませんが、自己投与には向いていないため、医師の監督のもとで使用するとよいでしょう。

薬との相互作用の可能性

イチョウは抗凝固薬、アスピリン、その他の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と相互作用を起こすことがあります。イチョウは出血のリスクを高めることがありますが、大規模臨床試験ではイチョウ摂取者で出血リスクが高まるという証拠は得られませんでした。イチョウにより、抗てんかん薬の効果が減少することもあります。イチョウは抗うつ薬のモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と相互作用を起こすことがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP