Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

義肢の取り付け

執筆者:

James Baird

, CPO, Hanger Clinic

最終査読/改訂年月 2015年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

義肢装具士は義肢の設計、装着、組み立て、調整の専門家で、使用方法に関する助言を行います。義肢装具士は、インターフェイス(ソケットとフレーム)のカスタムデザインを行ってから、それを手作業で組み立てます。インターフェイスの装着感、特にソケットの装着感は、コンポーネントなどの義肢の種類よりもはるかに重要で成功を決定づけます。インターフェイスが適切に装着され、快適であれば、たとえコンポーネントが理想的なものでなくても使用者は十分に目的を果たせます。インターフェイスの装着が不適切だったり、使用感が悪い場合は、使用者の意欲やコンポーネントの性能にかかわらず、うまくいくことはまれです。

ソケットは、圧力と荷重を特定の部分に分散させるようにデザインされている必要があります。このデザインによって、快適性が増し、義肢の制御の大部分が行えるようになり、断端(皮膚、骨、神経)の損傷を予防する助けになります。装着時はぴったりとフィットしている必要があり、それによって適切な吸着力が発生し、義肢がしっかりとソケットに固定されるのを助けます。ソケットに対して断端が動くと、摩擦が発生して皮膚を傷つけることがあります。

従来、義肢は断端の石膏型を取って調整されました。現在は、コンピュータ補助による設計と製造設備を用いたレーザースキャニング法を使用できます。この手法は、より快適で便利です。しかし、どちらか一方の方法がよりよい義肢を製造できるのかどうかは、はっきりしていません。用いられる手法は、義肢装具士の好みと熟練度によって決まります。

ソケットの装着後、義肢装具士が、適切なコンポーネントをインターフェイスやコンポーネント同士に取り付け、使用者が安全かつ効果的に使用できるように調整します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP