honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

断端の痛み

(幻肢痛、幻肢感)

執筆者:

James Baird

, CPO, Hanger Clinic

最終査読/改訂年月 2015年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

多くの人がどこかの時点で幻肢痛を経験します。幻肢痛は現実の痛みではなく、切断された腕や脚の位置に痛みを感じるものです。幻肢痛は、切断前の痛みがひどかった場合や長期間続いた場合、または外傷の結果切断することになった場合に起こりやすくなります。多くの場合、切断の直後に強く現われ、時間とともに弱まっていきます。実際に、義肢を使用しているときには、弱まったり消えたりすることがあります。必要であれば、薬やその他の治療法で幻肢痛を和らげることができます。

多くの人は、例えば夜間など、義肢を装着していないときに幻肢痛を多く経験します(腕や脚とインターフェイスが接触していないため)。手術時に脊椎麻酔や全身麻酔が使用された場合、この痛みが生じるリスクが低減します。痛みではなく、切断された腕や脚がまだそこにあるかのような感覚として幻肢痛を経験する人もいます。

断端が痛むこともあります。痛みが生じた場合は、使用者はまず感染症と皮膚の破れの徴候がないかチェックします。痛みの原因が感染症の場合は、医師の診察を受けます。明らかな感染症がなくても、痛みがひどい場合や突然発生した場合、発熱がある場合は、これらの症状も感染を示唆していることがあるため、医師の診察を受けます。患部は洗浄されるか溶液で洗い流されます。死滅した皮膚は取り除かれ、包帯が巻かれます。抗菌薬と、ときには手術が必要になることがあります。

感染症や皮膚の破れがみられない場合は、断端をマッサージすると痛みが和らぐこともあります。マッサージで効果が得られない場合は、鎮痛薬を服用します。ときには、オピオイド鎮痛薬が処方されることもあります。これらの方法で痛みが緩和されない場合やオピオイドを長期間使用する必要がある場合は、痛みの管理を専門とする医師に治療を監督してもらう必要があります。この痛みの治療法には、器具(バイブレーターなど)、超音波、薬の使用などがあります。使用される薬には、抗うつ薬(ノルトリプチリンやデシプラミンなど)や抗てんかん薬(ガバペンチンなど)があります。

ときには、別の腕や脚、股関節、脊椎、肩、首に痛みを感じることがあります。こうした痛みは、義肢を装着していることにより、歩き方や体の支え方が変わったり、動きを繰り返すようになったことが原因かもしれません。定期的に特定のストレッチ運動や筋力強化の運動を行うことが、この種の痛みの予防や緩和に役立ちます。理学療法士は適切な運動プログラムを作成する手助けができます。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP