Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

帰国後に起こる問題

執筆者:

Christopher Sanford

, MD, MPH, DTM&H, University of Washington

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

旅行中に症状や病気が発症し、帰国の時点でそれらが治まっていない場合は、医師の診察を必ず受けなければなりません。

帰国後に最もよく起こる病気は以下のものです。

最もよく感染し、重篤になる可能性が高い病気は以下のものです。

旅行に関連した病気の中には、帰国後に始まるものもあります。例えば、窒素酔い(減圧痛)はスキューバダイバーが帰国のために飛行機に搭乗した後に起きることがあります。症状の中には帰国後、数週間から数カ月経って発症するものがあります。外国旅行後の発熱は特によくみられる症状です。例えば、マラリアは感染から数日後に発熱を引き起こします。旅行と新たな症状との関連はしばしば明らかではありませんが、最近旅行に行ったという情報は、診断確定の上で重要な要因となる可能性があります。そこで患者は、健康上の問題が現れたときには何であれ、医師に最近の旅行について伝えるべきです。

国際旅行医学会(International Society of Travel Medicine、www.istm.org)と米国熱帯医学会(American Society of Tropical Medicine and Hygiene、www.astmh.org)の両方のウェブサイトでトラベルクリニックの一覧が公開されています。これらのクリニックの多くは、帰国後に病気を発症した人への支援を専門としています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP