Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

入院治療におけるミス(エラー)

執筆者:

Oren Traub

, MD, PhD, Pacific Medical Centers

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

入院中、誤ったケアが行われることがあります。病院では、複雑なケアが行われ、ストレスの多い環境で、様々な人やシステムが協調しなければなりません。そのため、入院治療はそれほど安全ではないのが現状です。米国では毎年、防ぐことのできた医療ミスにより25万人に及ぶ人が死亡しています。米国では、死亡原因の第3位が医療ミスです。

ミスには以下のものがあります。

  • 患者に間違った薬、間違った用量、またはアレルギーを起こす薬を投与する。

  • 間違った患者に検査を行ったり薬を投与したりする。

  • 体の間違った側を手術する。

  • 医師や看護師が重症患者のケアを行った後にほとんど睡眠をとれず、重要な検査結果を見逃す。

過去10年間で、米国の病院は、ケアのミスを特定し予防するシステムを設計する点で相当な進歩をしてきました。

それでも、ミスを予防する最善の方法の1つは、患者が質問し自分の治療について学ぶことによって、患者自身が治療に参加することです。患者は次のような対策を講じることができます。

  • 家で服用する薬の正確なリストを提供する。

  • 薬物アレルギーのリストを提供する。

  • 入院中になぜ特定の薬を投与するのか、なぜ検査を行うのか理解する。

  • 処方された薬や投与を受けている薬の名前を覚えるとともに、毎日の投与量や投与回数を知る。

  • 看護師から薬の投与を受けるたびに、その薬の名前と投与する理由を教えてもらう。

  • 行われた検査の結果について尋ねる。

  • 診察を行う前に手を洗うよう医療従事者に頼む。

  • 自分を名前で呼んでくれるよう病院スタッフに頼む。

  • 退院の際、服用することになっている薬や、フォローアップに関する指示が書かれたリストをもらう。

  • 外科手術で何が行われるのかについて、自分も主治医も外科医もみな同意し、はっきり理解していることを確認する。

  • 何かが間違っている気がする場合、質問する。

  • 家族か友人に、ともにいて自分の代わりに質問してもらうよう頼む。

患者のケアでミスが起きた場合、患者はそのことについて知る権利があります。ミスがあった場合、患者は医師か看護師に以下のことを求めるべきです。

  • ミスの性質や、それが自分の健康に及ぼす影響について説明する。

  • ミスがどのように起こったのか調査する。

  • 同様のミスを防ぐためのシステムを設計できるように、病院の管理者にミスを報告する。

  • さらに心配なことがあれば、病院の代表者(病院の患者支援者)に会う。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP