Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

入院による睡眠不足

執筆者:

Oren Traub

, MD, PhD, Pacific Medical Centers

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

以下をはじめとする様々な理由から、病院での睡眠が難しくなります。

  • 寝心地の悪い病院のベッド

  • 病気そのもの

  • 病気に対する精神的ストレスや不安

  • 手術後またはその他の状態による痛み

  • 病院内の騒音(アラームの音、廊下で話すスタッフの声、機器を移動させる音、同室患者のいびきなど)

  • バイタルサイン(体温や血圧など)の測定、採血、静脈ラインの交換、投薬などのため、夜間に睡眠が妨げられること

その結果、多くの患者は、入院したときよりも疲れた状態で退院します。

入院による問題も参照のこと。)

予防

患者は眠れないことについて医師か看護師に報告する必要があります。

解決策として次のようなことを行えます。

  • 機器のアラーム音を調整する。

  • 同室の患者がいびきをかく場合には、病室を移す。

  • 痛みをコントロールする薬、睡眠を促す薬、不安を軽減する薬を投与する。

  • 耳栓をする。

症状が改善しているなら、バイタルサインを測定するために夜中に起こされる必要があるかどうか医師に尋ねることができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP