Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

入院による排尿困難

執筆者:

Oren Traub

, MD, PhD, Pacific Medical Centers

最終査読/改訂年月 2018年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
  • 手術後の痛み

  • 尿閉を引き起こす薬の服用

  • 長期間のベッドでの安静(床上安静)

尿閉は、50歳以上の男性によくみられます。これは、排尿の妨げとなる前立腺の肥大が年齢とともに多くなり、特に50歳以上によると非常に多くみられるからです。

尿閉により、尿路感染症を発症するリスクが高くなったり、腎障害が生じたりする可能性があります。

入院中の尿閉の予防

病院スタッフは、尿閉に対する予防策を取れるよう、尿閉を起こすリスクがある人の特定に努めます。一般的に、リスクが高いのは、高齢者やある種の病気にかかっている、またはかかったことのある人です。そのような病気には、前立腺肥大症、尿失禁、重度の便秘や、排尿に関わっている神経を侵す病気(脳卒中、脊髄損傷、腫瘍など)があります。

尿閉のリスクがある場合、スタッフは次のことを行います。

  • 排尿のスケジュールを立て、スタッフが数時間おきに来て患者に排尿を促します。

  • 必要に応じてトイレの介助を行ったり、ベッド脇に室内便器やオマルを置いたりします。

  • 膀胱内に尿が残っているかどうかを調べる検査(膀胱の超音波検査など)を行います。

  • 患者が服用している薬をチェックし、尿閉の原因または一因となっていないか確認します。

  • 可能な限りベッドから出て散歩するよう患者を促します。

尿閉を予防するために、患者は尿意を感じたらトイレに行くようにします。排尿する際、十分な時間をかけて膀胱を完全に空にします。

まったく尿が出ない場合や、大量の尿が膀胱内にたまっている場合、病院スタッフが柔軟性のあるチューブ(カテーテル)を尿道から膀胱まで挿入し、尿を排出させることがあります。カテーテルは尿路感染症のリスクを高めることがあるため、できるだけ早く取り除きます。問題が続く場合、患者は膀胱内にカテーテルを留置したまま退院し、評価と治療のために泌尿器科医の診察を受ける予定を立てます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP