Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

入院による問題

執筆者:

Oren Traub

, MD, PhD, Pacific Medical Centers

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

入院しているというだけで特定の問題、特に感染(院内感染といいます)が生じることがあります。ほかにも、以下のような問題があります。

何かの問題が他の問題の引き金になることもあります。錯乱状態や抑うつ状態にある人、低栄養の人、高齢者は、入院すると自分の管理ができなくなってしまうことがよくあり、その結果、入院期間が長くなりがちで、退院後も介護施設に送られる傾向があります。

何か問題が起こりそうだと本人や家族が感じたら、予防策について病院のスタッフに相談する必要があります。例えば、外国出身で言葉が通じないとか、耳が不自由という場合には、家族から病院スタッフに話せば、通訳を手配するなどの対応をしてもらえます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP