Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

鎖骨の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

鎖骨の骨折は、胸骨の上部から肩甲骨の上部に水平に延びている長管骨の骨折です。

  • 鎖骨の骨折は、多くの場合、転倒した際に腕を伸ばしてついたり、肩から転倒したり、直接的な打撃を受けたりすることによって起こります。

  • この骨折は痛みや腫れを引き起こすほか、ときに骨が折れた場所が隆起することがあります。

  • 通常は身体診察の結果から鎖骨の骨折と特定できますが、骨折の正確な位置を割り出し損傷の程度を判断するためにX線検査を行います。

  • ほとんどの鎖骨骨折にはつり包帯だけで十分ですが、骨折の種類によっては手術が必要です。

鎖骨の骨折は一般的で、特に小児に多くみられます。

鎖骨の骨折

鎖骨骨折では、折れた骨片が元の位置にとどまっていることがあります(転位のない骨折)。

鎖骨の骨折

鎖骨の骨折は、多くの場合、転倒した際に腕を伸ばしてついたり、肩から転倒したり、直接的な打撃を受けたりすることによって起こります。ほとんどは鎖骨の中ほどで起こります。折れた骨の破片は、その場にとどまることもあれば(転位のない骨折)、位置がずれることもあります(転位骨折)。鎖骨の骨折に伴い、鎖骨と肩甲骨を連結している主な靱帯が断裂することもあります。

症状

骨折した領域が痛んで腫れ上がり、ときに痛みが肩に広がります。患者本人が、骨が動いて不安定になっているのを感じることがあります。

鎖骨は皮膚のすぐ下にあり、それを覆う筋肉がほとんどないため、骨折している部分が盛り上がって見えることがあります。折れた骨が皮膚を突き破ることはまれですが、皮膚を突き上げることがあります。ポールでテントを支えているかのように見えるため、英語ではこの様子をテンティング(tenting)といいます。

診断

  • X線検査

  • ときにCT検査などの他の画像検査

鎖骨が折れたと思われる場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

通常は身体診察の結果から鎖骨骨折と特定できますが、骨折の正確な位置を割り出し損傷の程度を判断するためにX線検査を行います( 骨折の概要 : 診断)。

ときには、CT検査などその他の画像検査が必要になることもあります。CT検査は、X線検査とコンピュータ技術を組み合わせて、患部の詳細な3次元画像を作成する検査です。

治療

  • 通常はつり包帯

  • ときに手術

ほとんどの鎖骨骨折は、つり包帯で4~6週間の固定を行って治療することができます( 関節固定に用いられる一般的な技術)。つり包帯だけで十分な可能性があります。

折れた骨片同士が離れている場合や、皮膚がテント状に隆起している場合、または靱帯が断裂している場合は、手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP