Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

足首の骨折

(腓骨骨折、脛骨骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

足首(足関節)の骨折は、足首外側の骨の隆起(外果)に起こることがあります。ここは脚の膝より下の部分(下腿)にある骨のうち、小さいほうの骨(腓骨)の末端部にあたります。また、足首の骨折は、下腿の大きいほうの骨(すねの骨、脛骨)の末端にあたる足首内側の隆起(内果)や脛骨背側の下方(後果)に生じることもあり、両方が骨折する場合もしばしばあります。

  • 足首が複数の部位で骨折することがあり、足首を安定させている靱帯が断裂することがあります。

  • 骨折した足首には痛みと腫れが生じ、通常は体重を支えることができません。

  • 足首の骨折は症状と身体診察の結果に基づいて疑われますが、確定のためにX線検査を行います。

  • 腓骨の安定している骨折は、ウォーキングブーツやギプスで治療しますが、脛骨の骨折は大半が手術を必要とします。

足首の骨折はよく発生します。足が無理に上または下に曲がったり、内側または外側に回転したりすると、足首が骨折することがあります。ときに足首の複数の部位で骨折が発生します。同時に腓骨の上端(膝の近く)も折れることがあります。

足関節(足首)は3つの骨で構成されます。

  • 下腿の2つの骨(脛骨と腓骨)

  • 脚の骨とかかとの骨の間にある足の骨(距骨)

これらの3つの骨を、複数の靱帯が1つの輪を形成するように連結し、足首を安定させています。骨折時には、この輪が複数の部位で壊れることがあります。例えば、いずれかの骨が骨折したときに、靱帯も重度の断裂を起こすことがよくあります。骨折によってこの輪内の複数の構造が損傷すると、足首は不安定になります。

足首の靱帯に力がかかると、靱帯と骨の結合部で、靱帯に引っ張られた骨の小片が剥がれることがあります。この種の骨折は剥離骨折と呼ばれ、骨折というより重度のねんざのように感じられることがあります。

足首の解剖学的構造

足首の解剖学的構造

症状

骨折した足首には、痛みと腫れが生じます。通常は負傷した脚に体重をかけることができません。

診断

  • 医師による評価

  • X線検査

骨折の有無を確認するために、医師は足首をやさしく触って確かめます(触診)。骨折の疑いがある場合は、X線撮影を数回行い、骨折を確定(または否定)します。

診察とX線検査の結果に基づいて、医師は足首が安定しているかどうかを判定します。その後、最適な治療法を決定します。

治療

  • ほとんどの安定型骨折には、副子またはギプス

  • 不安定型骨折には、ときに骨片の位置を整える手術

大半の足首の安定型骨折(剥離骨折など)では、通常は副子やギプスをあて、約6週間にわたって装着します。まれに、ウォーキングブーツを使用します。足首の安定型骨折は、たいていよく治癒します。

足首の不安定型骨折では、手術が必要な場合があります。 多くの場合に、観血的整復内固定術(ORIF)が行われます。ORIFでは、折れた骨片を元の位置に戻し(整復し)、金属製のワイヤー、ピン(釘)、スクリュー(ねじ)、ロッド(棒)、プレートなどの器具を使用して骨片を正しい位置に固定します。この種のけがをした後は、足首が以前より弱くなることがあります。

足首が安定していて骨片が正しく元の位置に戻れば、通常は骨折がよく治癒します。骨片がその場にとどまっていない場合は、関節炎が生じたり、足首に再び骨折が起こることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP