Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

足の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of California, San Francisco

最終査読/改訂年月 2017年 12月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

足の骨折には、足の指の骨折 足の指の骨折 骨折はどの足の指にもみられます。 足の指を骨折すると、たいていは痛みが生じ、腫れと圧痛を伴い、爪が変色することがあります。 多くの場合、医師は身体診察の結果に基づいて足の指の骨折を診断できます。 治療では通常、骨折した足の指と隣の指を一緒に巻くテーピング(バディテーピング)を行いますが、足の指が異常な曲がり方をしているように見える場合、骨片を元の位置に戻す(整復する)必要があります。 さらに読む 足の指の骨折 、足の中ほどの骨の骨折(中足骨の骨折 中足骨の骨折 足の中央部の長管骨(中足骨)に骨折が起こることがあります。 中足骨骨折にはいくつかの種類があります。 疲労骨折は、個別の外傷ではなく何度も負荷がかかることで生じた、不完全骨折です。 長時間歩いたり走ったりすると、中足骨の疲労骨折が生じることがあります。 この骨折があると、足の中ほどに圧痛がみられ、足に全体重をかけた時に痛みます。 さらに読む )、親指(母趾)の付け根にある小さな丸い2つの骨の骨折(種子骨骨折 種子骨骨折 足の親指の付け根にある2つの小さな丸い骨(種子骨)で、骨折が生じることがあります。 種子骨の骨折はランニング中やハイキング中、またはスポーツ(バスケットボールやテニスなど)をしていて足の指の付け根を強打した場合に発生します。 種子骨を骨折すると、歩行時に足の親指の後ろにある母趾球に、深部の痛みや鋭い痛みが起こります。患部が腫れて赤くなることがあります。 種子骨骨折が疑われる場合、X線検査を行います。X線検査の結果がはっきりしない場合には... さらに読む )、かかとの骨(踵骨[しょうこつ])の骨折 かかとの骨の骨折 足の後部に位置するかかとの骨(踵骨[しょうこつ])に骨折が起こることがあります。 かかとの骨折は通常、大きな力が加わって起こるため、膝や脊椎の損傷がよく伴います。 かかとの骨が骨折していると、かかとに圧痛があり、通常は足や足首が腫れて体重を支えることができません。 通常はX線検査の結果に基づいてかかとの骨折を診断できますが、CT検査が必要になることもあります。 さらに読む など足後方の骨の骨折があります。

  • 足の骨折は、転倒したりひねったりしたときや、硬いものに足をぶつけたときなどに起こります。

  • 足の骨折はかなりの痛みを伴い、通常は足に体重をかけると痛みが悪化します。

  • たいていの場合は足の骨折の診断を下すためにX線検査を行う必要があります。

  • 治療法は骨折した骨と骨折の種類によって異なりますが、通常は副子や、足を保護する専用の靴またはブーツを使用します。

足の骨折はよくみられます。足の骨折は、転倒したりひねったりしたときや、硬いものに足をぶつけたときなどに起こります。

足の骨折はかなりの痛みを伴い、歩こうとしたり体重をかけたりすると、ほぼ確実に痛みが悪化します。

足の骨折が起こる部位

足の骨折はよくみられます。以下の骨に発生することがあります。

  • 足の指(指節骨)、下図のように特に親指(母趾)

  • 足の中央の骨(中足骨)

  • 親指の付け根にある2つの丸い小さな骨(種子骨)

  • 足の後方の骨:楔状骨、舟状骨、立方骨、距骨、踵骨(かかとの骨)

足の骨折が起こる部位

診断

  • 通常はX線検査

足の骨折の診断には通常、X線検査が必要ですが、特定の足の指の骨折には不要です。まれに、CT(コンピュータ断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査が必要になる場合もあります。

治療

  • 副子(その後ときにギプス)または専用の靴やブーツ

  • しばしば、一定期間は骨折した足に体重をかけないように指示

  • 理学療法

足の骨折の治療法は骨折した骨と骨折の種類によって異なりますが、通常は副子(その後ときにギプス)や専用の靴またはブーツで足と足首を固定します。こうした靴やブーツは、つま先が開きマジックテープの留め具が付いていて、底が硬くなっているため、それ以上のけがから足を保護できます。

しばしば、一定の期間は骨折した足に体重をかけないように指示があります。 どのくらいの期間足を使わないようにするかは、けがの状態によって異なり、数週間かかることもあります。医師は多くの場合、強く痛まないようであれば、できるだけ早期に足と足首を動かすように勧めます。

しばしば理学療法も必要とされます。骨折した足の柔軟性と動きを向上させ、骨を支持する筋肉を強化する特定の運動を行います。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP