Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

足の指の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

骨折はどの足の指にもみられます。

  • 足の指を骨折すると、たいていは痛みが生じ、腫れと圧痛を伴い、爪が変色することがあります。

  • 多くの場合、医師は身体診察の結果に基づいて足の指の骨折を診断できます。

  • 治療では通常、骨折した足の指と隣の指を一緒に巻くテーピング(バディテーピング)を行いますが、足の指が異常な曲がり方をしているように見える場合、骨片を元の位置に戻す(整復する)必要があります。

足の指の骨折は、上から重いものを落とした場合や、何かにぶつけたときに起こります。

症状

足の指を骨折すると、たいていは痛みが生じ、腫れと圧痛を伴います。 足の指が押しつぶされた場合などに、爪の下に血液がたまり、暗い紫色の斑ができます(爪下血腫)。

足の親指(母趾)の骨折は、他の足の指の骨折よりも重症になりがちです。より強い痛みが生じ、腫れやあざも強くなります。歩けなくなることもあります。

診断

  • 医師による評価

  • ときにX線検査

多くの場合、医師は身体診察の結果に基づいて足の指の骨折を診断できます。通常、X線検査は不要です。

足の親指を骨折している場合や、足の指が大きく曲がって位置がずれたり(転位)回転したりしている場合は、複数の角度からX線検査を行います。

知っていますか?

  • ほとんどの足の指の骨折には、X線検査は必要ありません。

治療

  • 折れた足の指と隣の指を一緒に巻くテーピング

  • けがによっては、折れた骨の整復

  • 快適な靴や専用の靴またはブーツの使用

通常は、骨折した足の指と隣の指を一緒に巻くテーピング(バディテーピング)を数週間行うだけで足の指の骨折に対する治療は十分です。

足の指が異常に曲がり、ずれてしまった場合は、正しい位置に戻す(整復する)必要があります。

爪の下に血液が貯留した場合は、爪に針や熱したワイヤー(電気焼灼器)で小さな穴を開けて血を排出し、痛みを緩和します。この処置(穿孔術)は通常は数秒で終わり、痛み止めは必要ありません。

足の親指が骨折した場合は、患部の足に体重をかけてはならず、足の手術を受けた人のために設計された専用の靴を履く必要があります。こうした靴は、つま先が開き、マジックテープの留め具が付いていて、底が硬くなっています。整形外科医によるフォローアップの受診を計画する必要があります。

親指以外の足の指が骨折した場合は、骨折した指を保護する快適な靴を履く必要があります。幅が広く軟らかい靴は腫れた足の指への圧迫が少なく、硬い底の靴は骨折部位をサポートします。通常の靴で歩くと強い痛みがある場合は、足の手術を受けた人のために設計された専用の靴やブーツを履くことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP