Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脚の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of California, San Francisco

最終査読/改訂年月 2017年 12月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

脚の骨折は、脚の3つの長管骨、つまり太ももの骨(大腿骨)、すねの骨(脛骨)、下腿の小さいほうの骨(腓骨)のいずれか、または複数に起こります。

大腿骨の骨折

  • 大腿骨の骨折は、高所からの転落やスピードが出ていた自動車事故、車と歩行者の衝突などで起こります。

  • 太ももが腫れ、脚がゆがんで見え、患者は立ったり歩いたりすることができません。

  • 大腿骨の骨折が明らかであっても、医師は診断の確定にあたってX線検査を行います。

  • 副子や牽引器具をあてた後、できるだけ早期に手術で骨折を元の位置に戻して固定します。

骨幹部は非常に強いため、この部分が骨折するのは、よほどの力が加わったときです。

症状

診断

  • X線検査

症状や状況から骨幹部の骨折が明らかであっても、医師は診断の確定にあたってX線検査を行います。

通常、この種の骨折は大きな力が加わることで生じるため、医師は他の外傷の有無も確認します。

治療

  • 副子または牽引器具

  • 骨折した骨の位置を整える手術

通常は患者を病院に搬送する前に、副子または牽引用の器具で脚を固定します。その後、できるだけ速やかに、手術で折れた骨片の位置を整え、金属製のロッド(棒)やプレートで固定します。 この方法は 観血的整復内固定術 手術 手術 (ORIF)と呼ばれます。

ほとんどの患者は手術後すぐに、松葉杖を使って歩行を開始します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP