Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

種子骨骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

足の親指の付け根にある2つの小さな丸い骨(種子骨)で、骨折が生じることがあります。

種子骨の骨折はランニング中やハイキング中、またはスポーツ(バスケットボールやテニスなど)をしていて足の指の付け根を強打した場合に発生します。

種子骨を骨折すると、歩行時に足の親指の後ろにある母趾球に、深部の痛みや鋭い痛みが起こります。患部が腫れて赤くなることがあります。

種子骨骨折が疑われる場合、X線検査を行います。X線検査の結果がはっきりしない場合には、MRI検査が実施されることがあります。

治療

  • 専用の靴の使用

  • 痛みが続く場合は、手術を行う可能性がある

種子骨が骨折していても位置がずれていない場合は、骨片が動かないように設計された底が平らで硬い専用の靴を履くだけで十分なことがあります。こうした靴は、足を骨折した人が履くように設計されています。つま先が開いていて、マジックテープの留め具が付いています。

パッドをあてることや靴に専用の中敷き(装具)を使用することが、痛みの軽減に役立ちます。非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は痛みや腫れの緩和に役立ちます。

痛みが持続する場合は、折れた種子骨を手術で除去しなければならないことがあります。ただし、種子骨を除去すると足を動かす能力に影響が生じることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP