honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

手の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手のどの骨にも骨折は起こります。手の骨折には以下のものがあります。

よくみられる手根骨の骨折には、舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折と有鉤骨(ゆうこうこつ)の鉤部の骨折({blank} 一般的な手のけが)がありますが、これらは通常、手関節骨折(手首の骨折)とされます。

手が正常に動くには、多くの筋肉や腱、靱帯、骨が協調して働かなければなりません。骨折が軽症にみえても、軟部組織が深刻な損傷を負っている場合があります。こうしたけがを適切に治療しないと、関節が硬くなる、弱くなる、永続的なゆがみが生じるなどの問題が生じ、重い障害につながるおそれがあります。

診断

  • 医師による評価

  • X線検査

  • ときにCTまたはMRI検査

手を骨折したと思ったときは、医師の診察を受けてください。

医師が手を診察し、手の骨折を診断します。診察の前に、局所麻酔薬を患部に注射することもあります。局所麻酔を行わなければ、診察で非常に強い痛みが生じるかもしれません。通常はX線検査を行う必要があります。

ときには、骨折の発見にCT検査やMRI検査が必要とされます。

治療

  • 包帯、副子、ギプス

  • ときに手術

  • 手の運動

骨折を治療しなければ、しばしば手のゆがみが残り、正常に動かなくなることがあります。それゆえ、医師は手の骨を正しい位置に戻し(整復)、問題なく治癒するように手を固定します。

骨折の部位や重症度に応じて、包帯、副子、ギプスを使用することがあります。

骨が正常な位置からずれてるときや、関節が不安定なときは、手術が必要になることもあります。

手の機能の低下を防ぐには、できるだけ早く手の運動を始めるべきです。

一般的な手のけが

一般的な手のけがには、以下のものがあります。

  • 骨折

  • 靱帯の裂傷(ねんざまたは断裂)

  • 脱臼

靱帯の裂傷により、骨の位置がずれて脱臼が起こることがあります。

手のけがは、腫れ、痛み、こわばりを引き起こし、ときには動きが制限されます。

具体的な個々のけが

舟状骨骨折は、よくみられる手首の骨折です。親指の付け根付近に圧痛と腫れが生じます。

有鉤骨の鉤部の骨折は、棒で地面をたたいたときや、ゴルフのプレー中にクラブで芝生を打ったときなどに起こります。手のひらの下部、小指の付け根に圧痛が生じます。

親指のねんざ(ゲームキーパーの親指またはスキーヤーの親指など)は、手と親指をつないでいる靱帯が、通常は親指の手のひら側で断裂するけがです。この靱帯のねんざが重症になると、ものをつまむことができなくなります。ねんざした靱帯を修復するには、手術か副子による固定が必要です。

舟状月状骨靱帯(手首の靱帯)の断裂は、転倒して手をついたときなどに起こります。痛みは、ほとんど手首の手の甲側に生じます。この靱帯は通常は手術で修復します。

指の脱臼は、親指や他の指の付け根、指の中央の関節(指が反りすぎたときに多い)、指の第一関節で起こることがあります。

一般的な手のけが
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP