Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

手の指の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

よくみられる手の指の骨折は、剥離骨折と指先(指尖部)の粉砕骨折などです。

  • 指先がつぶされると、圧痛と腫れが生じ、爪が青黒くなって盛り上がることがあります。

  • ときとして、患部がより敏感になり、骨折が治った後も長期間にわたってその状態が続くことがあります。

  • 医師は複数の角度からX線検査を行い、指先の骨折を診断します。

  • 指先の骨折の治療は、保護材や指用の副子によって行いますが、必要であれば、爪の下から血液を排出し、折れた骨片を元の位置に戻す手術を行います。

剥離骨折は、腱や靱帯が骨の小片を引き剥がすことで起こります。

指先の骨折(指尖部骨折、末節骨粗面骨折)は通常、ハンマーで打ち付けられるなどの挫滅損傷を負うことで起こります。

手の指の剥離骨折

剥離骨折では、腱や靱帯が骨の小片を引き剥がします。

手の指の剥離骨折

症状

骨折した指先が腫れて圧痛があります。たいていは爪の下に血液がたまります(爪下血腫)。爪が青黒くなり、ときに盛り上がります。爪の下の爪床に裂傷を負っている場合があります。この傷は非常に痛みます。爪の損傷が激しい場合は、爪の変形が残ることがよくあります。

重度の指の骨折が起きた後、ときに患部の感覚が高まり(知覚過敏)、骨折が治癒した後も長く過敏な状態が続くことがあります。患部に非常に強い圧痛が残る場合があります。

診断

  • X線検査

指を骨折したと思ったときは、医師の診察を受けてください。

指の骨折を診断するために、様々な角度からX線検査を行います。

治療

  • 保護材の装着

  • 大きな爪下血腫には、可能であれば爪の下から血液を排出

  • 重度の骨折には手術

ほとんどの指尖部骨折では、指先を保護材(アルミニウムと発泡素材の副子など)で包みます。この保護材は2週間程度つけておきます。

大きな爪下血腫の場合は、針や熱したワイヤー(電気焼灼器)で指の爪に小さな穴を開け、血液を排出することがあります(穿孔術)。通常、この処置には数秒しかかからず、痛みを防ぐ薬は不要です。

重症の指の骨折では、手術を行い、分離した多くの骨片の位置を整えます。

爪の損傷がひどい場合は、爪を除去します。その後、爪床の裂傷を修復します。爪床を保護するために指をドレッシング材で包みます。ただし、ほとんどの指の骨折では、爪を除去する必要はありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP