Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

かかとの骨の骨折

(踵骨骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

足の後部に位置するかかとの骨(踵骨[しょうこつ])に骨折が起こることがあります。

  • かかとの骨折は通常、大きな力が加わって起こるため、膝や脊椎の損傷がよく伴います。

  • かかとの骨が骨折していると、かかとに圧痛があり、通常は足や足首が腫れて体重を支えることができません。

  • 通常はX線検査の結果に基づいてかかとの骨折を診断できますが、CT検査が必要になることもあります。

  • 医師はかかとの骨折に対する最適な治療法を決定するために、整形外科医に相談します。

  • 治療としては、保護(Protection、通常は副子による)、安静(Rest)、氷冷(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)による処置(PRICE)を行った後、ギプスを装着したり、手術で骨片を元の位置に戻して固定します。

すべての骨折のうち、かかとに起こる骨折は約1~2%に過ぎません。しかし、この骨折によって長く継続する問題(関節炎など)が起きることがあり、特に骨折の診断と治療が速やかに行われなかった場合に、問題化する傾向があります。

かかとの骨折は、高所(はしごなど)から転落して足で着地した場合などに、大きな力が加わって起こります。他の原因には、自動車事故やスポーツに関連した外傷などがあります。かかとの骨折が生じるには大きな力が必要になるため、膝や脊椎も損傷することがよくあります。

一部のかかとの骨折は関節内に及び、関節の動きを滑らかにしている軟骨が骨折します。

かかとの骨に疲労骨折が起こることもあり、特に長距離走者などの運動選手によくみられます。疲労骨折は、個別の外傷ではなく何度も負荷がかかることで生じた、不完全骨折です。

かかとの骨の位置

かかとの骨(踵骨[しょうこつ])は足の後部にあります。

かかとの骨の位置

症状

かかとに圧痛が生じます。通常は足と足首が大きく腫れ上がり、皮下出血してあざができていることもあります。骨折した足に体重をかけることができません。

ときにコンパートメント症候群が起こることがあります。この症候群は、腫れた部位が周辺の血管を圧迫し、血流を減少させるか遮断したときに発生します。その結果、血液が不足した組織の損傷や壊死が起こることがあります。すぐに治療を行うことが極めて重要です。

診断

  • X線検査

  • ときにCT検査

かかとの骨折が疑われる場合は、X線検査を行います。骨折が実際に起こっていれば、通常はX線画像に写ります。しかし、CT(コンピュータ断層撮影)検査が必要になる場合もあります。CT検査は、X線検査とコンピュータ技術を組み合わせて、患部の詳細な3次元画像を作成する検査です。

かかとの骨折は大きな力が加わることで生じるため、医師は膝や脊椎の骨折といった他の外傷の有無も確認します。

治療

  • 整形外科専門医への相談

  • ときに保護(通常は副子)、安静、氷冷、圧迫、挙上

  • ギプス(腫れが引いた後)

  • 手術が行われる可能性がある

  • 治癒した後に理学療法

医師はかかとの骨折に対する最適な治療法を決定するために、専門医(整形外科医)に相談します。骨折の種類により、手術が必要になることがあります。

骨折が関節に及んでいなければ、治療では保護(通常は副子)、安静(足を休ませ、松葉杖を使用する)、氷冷、圧迫、挙上(PRICE)を行います。腫れが引いたら、患者は整形外科医に紹介され、ギプスを装着されることがあります。

かかとの骨折が関節内に達している場合は、手術が最適な治療法かどうかについて話し合います。 手術が必要な場合は、観血的整復内固定術(ORIF)を行います。

患者は骨折が治るまで、かかとに一切体重をかけないように指示を受けます。回復を待つ必要がある期間は、けがの状態によって異なり、数カ月かかることもあります。しばしば医師は、足と足首を動かしたり、ときおり足首に体重をかけたりしても強い痛みが起こらなくなれば、すぐにそれらの動作を行うように勧めます。

理学療法が必須です。骨折した足と足首の可動域を広げ、患部を支える筋肉を強化する特別な運動を行います。

患者が歩行を開始するときは、杖や、足をさらなる損傷から保護する特別な靴やブーツが必要になることがあります。歩行の開始時期や歩き方に関する医師の指示を正確に守らなければ、骨がうまく治癒しないこともあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP