honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

脳挫傷と脳裂傷

執筆者:

James E. Wilberger

, MD, Drexel University College of Medicine;


Gordon Mao

, MD, Allegheny Health Network

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

脳挫傷とは、頭部への直接的な強い打撃による脳の打撲状態を指します。脳裂傷とは、頭蓋骨の骨折部位から入り込んだ異物や押し込まれた骨片が原因で、脳組織が裂けた状態を指します。

  • 主な原因は自動車の衝突や頭部の強打です。

  • 症状は軽症または重症の頭部外傷と同じです。

  • CT検査を行います。

  • 入院して経過を観察します。場合によっては手術が必要です。

脳挫傷と脳裂傷では、脳の構造が損傷を受けるため、脳しんとうよりも深刻です。

脳挫傷は、強く殴られるなどの衝撃で脳が頭蓋骨に対して急に動いたり(加速)、あるいは自動車の正面衝突事故などのように、頭が動いているときに固定したもの(車のダッシュボードやハンドルなど)にぶつかって急に止まったり(減速)することで起こります。脳は衝撃を受けた部位で損傷を受けるほか、その反対側も頭蓋内面にぶつかり、そちらも損傷を受けることがあります。脳挫傷は、外傷後数時間から数日かけて拡大し、脳機能の低下をもたらすことがあります。

脳裂傷は、物体または骨片が頭蓋骨を貫通し(頭蓋骨骨折を引き起こします)、脳組織を引き裂くことで発生します。

脳挫傷や脳裂傷は脳の出血や腫れを引き起こします。

挫傷や裂傷が非常に小さければ、脳へのダメージはごくわずかで、症状がほとんど現れないか、または軽症の頭部外傷の症状が生じます。しかし、損傷が大きい場合や、損傷自体は小さくても出血や腫れがひどい場合には、重症の頭部外傷の症状が現れることがあります。例えば、意識消失が一時的(2~3分間程度)に生じたり、長時間持続したりすることがよくあります。意識が戻ると、しばしば眠気や錯乱、落ち着きのなさ、興奮がみられます。嘔吐やけいれん発作が起きたり、平衡感覚や協調運動が損なわれたりすることもあります。思考能力、感情のコントロール、運動、感覚、言語、視覚、聴覚、嗅覚、記憶などに障害が現れることもあります。重症の場合は、脳の内部で腫れが起こり、脳組織の損傷が進行します。脳ヘルニアが生じて、昏睡状態に陥ることもあります。

脳挫傷や脳裂傷の診断にはCT検査を行います。

脳内の出血や腫れがわずかであれば、入院による経過観察を行い、通常は長くても1週間で退院できます。

出血がひどい場合は、重症の頭部外傷と同様の治療を行います。この場合、多くは集中治療室へ収容されます。血圧や血液中の酸素、二酸化炭素の濃度を適正なレベルに維持します。患者の呼吸を助けるために、医師はフェイスマスクから酸素を投与するか、口から気管に呼吸用のチューブを挿入し、それを人工呼吸器につなげます。

必要に応じて痛みの治療を行います。筋肉の活動が多すぎると脳内の圧を高め、脳機能にさらなる影響を与えることがあるため、鎮静薬を投与することもあります。発熱があれば解熱します。けいれん発作があれば、抗てんかん薬を投与します。

脳圧を測定するため、頭蓋内に圧力計を埋め込んだり、脳内のスペース(脳室)の1つにカテーテルを挿入したりすることもあります。

出血によってヘルニアが生じた場合は、脳の圧迫を防止するために手術で血液を除去することがあります。ただし、血液を除去する際に脳組織も切除した場合には、やがて脳機能に障害が出ることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP