Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脳しんとう

執筆者:

James E. Wilberger

, MD, Drexel University College of Medicine;


Gordon Mao

, MD, Allegheny Health Network

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

脳しんとうとは、外傷による精神機能または意識レベルの変化をいいます。脳しんとうでは、意識が消失する場合もありますが、脳の構造に明らかな損傷はみられず、6時間以内に治まります。

スポーツ関連脳しんとうも参照のこと。)

脳しんとうでは、CT検査やMRI検査などの画像検査で脳の損傷が検出されないにもかかわらず、脳細胞が一時的に傷ついたり機能障害に陥ったります。患者には一時的に脳機能障害の症状がみられます。

脳しんとうの症状には以下のようなものがあります。

  • 一時的な錯乱:放心したようになり、返答が遅くなる

  • 記憶障害:けがの直前または直後の出来事を思い出せない

  • 複視

  • 光に対する過敏性

  • めまい、動きのぎこちなさ、平衡感覚障害

  • 頭痛

  • 吐き気と嘔吐

  • 嗅覚または味覚の消失

意識消失は短時間で回復することが多く、15分以上続くことはまれです。脳しんとうが起こったのに気づかない人もいます。

脳しんとう後症候群とは、脳しんとうの後にときおり起こる特定の症状で、脳しんとうが起こってから長くて数週間後まで続きます。具体的には以下のような症状がみられます。

  • 頭痛

  • 睡眠障害

  • 疲労

  • 短期記憶の問題

  • 集中力の低下

  • 光や音への過敏性

  • 人格の変化(易怒性、気分変動など)

脳しんとう後症候群の症状は脳しんとうが起こってから1週間以内によくみられ、一般に2週目には消失します。ただし、ときには数カ月から、まれに数年間も続くことがあります。また、脳しんとうを起こしたことがある人は、再発しやすくなるとみられており、特に前回の脳しんとうの症状が完全に消える前に新たな頭部外傷を負うと、脳しんとうが起こりやすくなります。

脳しんとうの診断には、脳の構造が損傷を受けていないことを確認する必要があります。CTやMRI検査、またはその両方が必要になる可能性があります。脳の構造に損傷がないことが確認されれば、症状の治療だけを行います。

脳しんとうによる痛みには、アセトアミノフェンを投与します。 アスピリンなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は血液凝固を抑える作用があり、傷ついた血管からの出血を引き起こすことがあるため、服用するべきではありません。脳しんとうの最も効果的な治療は、安静にすることです。

脳しんとう後症候群の治療は症状の程度によって異なります。安静と十分な経過観察が重要です。脳しんとうを起こした人の症状が悪化した場合、評価のために診療所または病院に連れて行く必要があります。

情緒面に問題が生じた場合には、精神療法が必要になることもあります。

脳しんとうが生じた後は、すべての症状が治まり、医師による医学的評価が終了するまで、体の接触を伴うスポーツを再開してはいけません。

脳しんとうが繰り返し起こると、後年になって認知症パーキンソン病うつ病のリスクが高まることがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP