Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

膝の皿の脱臼

(膝蓋骨脱臼)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

膝の皿(膝蓋骨[しつがいこつ])の脱臼は、膝の皿とそれを本来の位置に保持する靱帯が横方向にずれ、膝の外側に動いたときに発生します。

  • 人が突然方向を変えようとすると、膝蓋骨が本来の位置から外れることがあり、その多くは膝の異常を抱える青年期の女子に起こります。

  • 膝蓋骨が本来の位置からずれて見え、膝蓋骨の下に痛みが生じて膝を伸ばすことができなくなります。

  • 医師は膝を診察して、膝蓋骨の脱臼を診断することができます。

  • 医師は膝蓋骨を穏やかに元の位置へ戻してから、膝関節の固定具やヒンジ付き装具を装着します。

脱臼の概要も参照のこと。)

膝蓋骨の脱臼は、それよりはるかに重篤な膝関節の脱臼とは異なります。

膝蓋骨の脱臼はよく起こるけがです。青年期の女子で、靱帯がゆるくなっていたり少し骨がずれていたりするなど、膝の関節に解剖学的異常を抱えている人に多くみられます。

たいていは、人が急に方向転換を試みたときに、膝蓋骨が本来の位置から外れます。膝蓋骨の脱臼は、膝を突然ひねったり膝に強い力をかけたりするスポーツ(サッカーや体操、野球でバットを振る動作、アイスホッケーなど)の最中に発生することがあります。また、足を踏み外したときや足が滑ったときにも起こります。

脱臼を引き起こした力によって、膝蓋骨の奥にある軟骨が折れたり、大腿骨下端が折れて小さな骨片が剥がれたりすることもあります。

症状

膝蓋骨が本来の位置からずれて見えます。膝蓋骨の下に痛みが生じます。膝関節に圧痛が生じ、腫れることもよくあります。患者は膝をまっすぐに伸ばすことができず、膝蓋骨が左右に動く状態になっています。歩行できない場合もあります。

膝蓋骨の軟骨が骨折していると、やがて変形性関節症が発生することがあります。加えて膝蓋骨の脱臼が再発することもあり、再発は特に関節に異常を抱えている人によくみられます。

診断

  • 医師による評価

  • 骨折の有無を調べるX線検査

医師の診察を受ける前に、膝蓋骨が自然に元の位置に戻っていることがあります。その場合でも、けがの際に起こった可能性がある骨折の有無を調べられるように、患者は医師の診察を受けてください。

知っていますか?

  • 膝蓋骨が本来の位置からずれている場合は、膝蓋骨が自然に元に戻るかどうかにかかわらず、医師の診察を受ける必要があります。

医師は膝を診察して、膝蓋骨の脱臼を診断することができます。膝蓋骨が本来の位置に戻っている場合、医師は膝関節内に出血があることや膝関節の圧痛を証拠として、膝蓋骨の脱臼があったことを判断できます。

医師は複数の角度からX線検査を行い、骨折の有無を確認します。

治療

  • 膝蓋骨を本来の位置に戻す処置

  • 副子、弾性包帯のほか、ときに膝関節の固定具または装具を用いた固定

  • 膝蓋骨が不安定な場合は、手術

医師は膝蓋骨を穏やかに動かして、本来の位置に戻します(整復)。その後は通常、弾性包帯、副子、ときには膝関節の固定具(膝関節を支え、曲がらないように保つ器具)やヒンジ付き装具を装着し、膝関節を固定します。固定具は数日間つけたままにします。取り外した後、筋力を回復させ膝の可動域を広げるために、理学療法が必要です。

以下のいずれかが当てはまる場合、整形外科医が手術を行い、関節を修復することがあります。

  • 骨折している。

  • 関節の軟骨が損傷している。

手術は、小さな切開口から関節に細い管状の機器を挿入して行う(関節鏡手術)か、直視下手術(より大きな切開が必要)で行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP