Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

指の脱臼

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

指の脱臼は、指の骨が正常な位置からずれたときに起こります。

  • 指の脱臼はほとんどが中央の関節で発生し、通常は指が後方に曲げられた場合にみられます。

  • 通常は、指に明らかな弯曲がみられます。

  • 指の脱臼を診断するために、複数の角度からX線検査を行います。

  • 医師は、麻酔薬を患部の指の付け根に注射した後、手術を行うことなく指の骨を元の位置に動かして戻すことができます。

  • 一般的に、約3週間にわたって副子を装着する必要があります。

脱臼の概要も参照のこと。)

指の脱臼はほとんどが中央の関節で発生しますが、他の関節で起こることもあります。通常は、バスケットボールや野球のボールが伸ばした指の先に当たるなどして、指が後方に曲がったときに生じます。また、指が側方や前方に曲がって起こることもあります。ときに指の骨をつないでいる靱帯が断裂します。指の骨に付着している腱が引っ張られると、骨片が腱に付着したまま剥がれることがあります(剥離骨折)。

症状

通常は指が弯曲しているように見えます。痛みと腫れが生じます。

診断

  • X線検査

指を脱臼したと感じたら、すぐに医師の診察を受けてください。

複数の角度からX線検査が行われます。

治療

  • 骨を本来の位置に戻す整復または手術

  • 副子

ほとんどの指の脱臼に対する治療では、医師が脱臼した指の付け根に麻酔薬を注射し、指の骨を正しい位置に戻します(整復)。

ときに整復は手術なしで行われます(非観血的整復)。しかし以下のように、しばしば手術が必要な場合があります。

  • 医師が手で患者の指をまっすぐに整復できない。

  • 手で整復した後、指の関節が不安定になっている。

  • 患者に大きな骨折も起こっている。

関節を元に戻した後、医師は穏やかに指をいくつかの方向に動かして、靱帯の損傷の程度を判定します。通常は副子をあて、約3週間にわたって固定します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP