Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

手の骨の脱臼

(手関節脱臼、月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手の付け根の骨(手根骨)、通常は月状骨や有頭骨が、正常な位置から外れることがあります。

  • この脱臼は通常、手首に強い力がかかって反ったときに起こります。

  • 手首と手が痛み、形状にゆがみが生じることがあり、患者はそれらの部位を正常に動かせません。

  • 症状とけがの発生状況からこの脱臼が疑われますが、医師はX線検査を行って診断を確定します。

  • 医師は切開を行わずに骨の位置を正しく整え、副子をあてるほか、手術が必要になることが多いため患者を整形外科医に紹介します。

脱臼の概要も参照のこと。)

手根骨(手首の骨)は手の付け根に位置する骨で、前腕の骨(橈骨[とうこつ]と尺骨)と手の中手骨という長い骨の間にあります。小さな手根骨が8つ存在します。

次の2つの手根骨はよく脱臼します。

  • 有頭骨(手の骨で最も大きく、手のひら下方の中央に位置する骨)

  • 月状骨(有頭骨と尺骨の端部の間に位置する骨)

有頭骨の脱臼は、月状骨周囲脱臼と呼ばれます。月状骨周囲脱臼は月状骨脱臼より多くみられます。

これらの脱臼は、大きな力が加わり手首が反らされて起こり、典型的には、転倒時に開いた手をついたり自動車事故で負傷したりしたときに発生します。

手首の骨

手首の骨

症状

これらの骨のどちらかが脱臼すると、手首と手のひらが痛みます。患者は手首と手を正常に動かすことができません。手首の形状がゆがんで見え、手が腫れます。

脱臼した骨が手根管(線維組織の細い通路)とそこを通る神経や血管を圧迫する(手根管症候群を引き起こす)ことで、指がチクチク痛み、しびれを感じることがあります。手首の骨に対する血液供給が減少したり遮断されたりして、手首の関節が変性し、関節炎による障害が生じることがあります。

診断

  • X線検査

手首の脱臼を迅速に診断し治療すれば、関節炎や骨組織の壊死といった合併症のリスクを低下させることができます。

これらの骨を脱臼したと感じたら、救急外来を受診してください。

手首の見た目と動きが正常で、市販薬で痛みを抑えることができる場合は、医師への連絡を1日遅らせて様子をみてもかまいません。1日経っても症状が治まらない場合は、医師の診察を受けてください。

医師は症状とけがの発生状況に基づいて、月状骨周囲脱臼や月状骨脱臼を疑います。X線検査で診断を確定します。

治療

  • 骨を正しい位置に戻す整復または手術

  • 副子

  • 整形外科医への紹介

  • 通常は手術による修復

医師は切開を行わずに手首の骨を正しい位置に戻す整復(非観血的整復)を行います。その後、副子をあてて手首と肘を固定します。多くの場合、すぐに患者を整形外科医に紹介します。

手術による修復を行うと手の動きがよく回復するため、ほとんどの月状骨周囲脱臼と月状骨脱臼は手術で修復する必要があります。

回復には通常数カ月かかります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP