Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

開放性気胸

(胸部の創傷の吸引)

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 6月
プロフェッショナル版を見る

開放性気胸は、胸部に開放性の傷があるか他の物理的欠損があることによって、胸壁と肺との間に空気がたまることで生じます。開口部が大きいほど、肺がつぶれる程度が増し、呼吸が困難になります。

  • 症状には、胸痛、息切れ、速い呼吸、心拍数の増加などがあり、ときにショックに至ります。

  • 開放性気胸は、症状および診察結果に基づいて診断されます。

  • 医師は速やかにドレッシング材で傷を覆い3辺テーピングを施した後、胸腔にチューブを挿入して空気を抜きます。

胸部に閉鎖されていない開口部がある状態で息を吸うと、吸入により生じた陰圧によって、2つのルート(すなわち気管と胸壁の開口部)から肺と胸壁の間の空間(胸腔)に空気が吸い込まれます。胸壁の欠損部(傷)が小さく、その部分を介した気流が少なければ、有害な影響も少なくなります。しかし、胸壁の開口部に気管の直径の約3分の2以上の大きさがある場合は、開口部を介して胸腔に入る空気の量が、気管を介して入る空気の量よりも多くなります。開口部が大きいと、肺が完全につぶれてしまう可能性があります。

症状

診断

  • 医師による評価

開放性気胸は、病歴、症状、胸壁表面全体の診察結果に基づいて診断されます。

治療

  • 創傷のドレッシングに続き胸部にチューブを留置(胸腔ドレーン)

医師は速やかに長方形の滅菌ドレッシング材で傷を覆い、3辺をしっかりとテープで固定します。ドレッシング材によって、吸気の際に胸壁から空気が入るのを防ぎ、呼気の際には空気が肺から出ていくことができるようになります。胸部にチューブ(胸腔ドレーン 胸腔ドレナージ 胸腔ドレナージ(胸腔ドレーンの留置)は、肺と胸壁の間の空間(胸腔)に胸腔ドレーンと呼ばれるチューブを挿入する処置です。 この処置は、肺が虚脱しているとき( 気胸という病態)に、胸腔から空気を抜くために行われます。ときに、胸腔から液体( 胸水)を抜くためにこの処置が行われることもあります。胸腔に液体がたまり続けているために、1回で抜ききれないときには、この処置が特に有効です。特定の状況下では、胸腔ドレーンの挿入が緊急かつ救命処置として行わ... さらに読む )を挿入して、胸腔内の空気の除去を続け、肺が再度膨らむようにします。傷口は後に手術による修復が必要になる可能性があります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP