Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

血胸

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

血胸とは、肺と胸壁との間に血液がたまることです。

  • ふらつきや息切れ、胸痛を感じたり、皮膚が汗ばみ、青く冷たくなったりします。

  • 血胸は、胸部X線検査に基づいて診断されます。

  • 静脈から輸液または輸血が行われ、胸部に挿入されたチューブから血液が排出されます。

胸部損傷に関する序も参照のこと。)

血胸は、肺を断裂させたり胸部の血管を切断したりするあらゆるけが(鈍的か穿通性かを問わない)が原因で起こる可能性があります。血液は、肺と胸壁の間の空間(胸腔)にたまることがあります。血液が大量にたまると、肺が圧迫され、呼吸が困難になることがあります。血液だけでなく空気もこの空間に入ると、血気胸と呼ばれるようになります。血胸は、手術やその他の病気(結核肺がんなど)によって引き起こされることもあります。

知っていますか?

  • 胸部の負傷による出血のほとんどは胸腔内に起こり、外から見える出血はわずかです。

症状

血胸自体は痛みを伴いません。しかし、通常は原因となったけがが痛みます。その他の症状の重症度は、胸腔の血液の量などによって決まります。血液が少量であれば、通常、ほかに症状はありません。大量の血液がたまっている場合、息切れを感じたり、呼吸が浅く速くなったりします。胸腔の血液の量がさらに増えると、血圧が危険なレベルにまでに低下する(ショックに陥る)ことがあります。皮膚は汗ばみ、青く冷たくなります。

診断

  • 胸部X線検査

血胸が疑われる場合、胸部X線検査が行われます。

治療

  • 血圧を維持するため、静脈内輸液と、ときに血液製剤の投与

  • 胸腔ドレーン挿入

医師は静脈から輸液を行い、血流中の水分を増やし、血圧を上昇させます。大量の血液が失われた場合は、輸血が必要です。

医師は通常、胸部にチューブを挿入し(胸腔ドレーン)、胸腔から血液を抜き取って肺が再び膨らむようにします。ドレーンは数日間留置しておく必要があります。

大量の血液がたまっている場合や、出血が続く場合には、出血を止める手術(開胸手術)が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP