Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺挫傷

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺挫傷とは、肺の組織の損傷で、腫れや出血を生じます。

  • 胸痛(通常は胸壁の損傷によるもの)を伴い、患者はしばしば息切れを感じます。

  • 肺挫傷は、胸部X線検査に基づいて診断されます。

  • 損傷が治癒するまで、酸素投与やときに人工呼吸器による呼吸補助を行って治療します。

胸部損傷に関する序も参照のこと。)

胸部に強い打撃(自動車衝突や転落によるもの)を受けると、肺の組織が損傷することがあります。損傷を受けた肺組織は、酸素をうまく吸収できなくなります。組織の損傷が広範囲に及ぶと、血中の酸素レベルが危険な値にまで低下します。 重度の肺挫傷は生命を脅かすおそれがあります。

肋骨骨折、肺の虚脱(気胸)、その他の胸部損傷を伴うこともあります。 患者は後に、肺炎または急性呼吸窮迫症候群を発症することがあります。

症状

痛みと息切れが主な症状です。痛みは通常、胸壁(肋骨と胸部の筋肉)の損傷に起因するものです。息をすると痛み、呼吸が困難になります。

まったく症状がないこともありますが(特に初期)、数時間かけて息切れが発生したり悪化したりすることもあります。

診断

  • 胸部X線検査

胸部損傷を負った患者に息切れがある場合、特にその息切れが徐々に現れた場合、医師は肺挫傷を疑います。

胸部X線検査が行われます。肺挫傷は徐々に発生することがあるため、肺挫傷を検出するには、数時間のうちにX線写真を複数回撮影しなければならないことがあります。

また、手または足の指に取り付けた装置(パルスオキシメトリー)で、血中の酸素の量を測定します。この情報は、肺がどの程度機能しているかを判定するために役立ちます。

治療

  • 鎮痛薬と酸素療法

通常、痛みを軽減して呼吸を楽にするため、痛み止め(鎮痛薬)が投与されます。

けがが治るまでの間、呼吸を補助するため、酸素療法やときに人工呼吸器が必要になります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP