Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

緊張性気胸

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

緊張性気胸とは、胸壁と肺との間に空気がたまることで胸部への圧力が高まり、心臓に戻る血液が減少することです。

  • 症状には、胸痛、息切れ、速い呼吸、心拍数の増加などがあり、ショックに至ることがあります。

  • 緊張性気胸は通常、病歴、症状、診察結果に基づいて診断されます。

  • 医師は一刻も早く太い針を胸部に刺して、空気を除去します。

胸部損傷に関する序も参照のこと。)

気胸が起こると、肺の損傷により、肺と胸壁との間の空間(胸腔)にある程度の量の空気が入ります。胸腔への空気の貯留は止まるのが普通です。しかし、緊張性気胸では、息をするたびに胸腔に空気がたまり続け、胸腔内の圧力が上昇します。胸腔内の圧力が上昇していると、血液が胸腔内にある心臓へ戻る際に抵抗が生じるため、全身から心臓へ戻る血液の量が減少します。 その結果、心臓から全身へ拍出される血液量も減少し、ショックに陥ります。こういった反応が急速に(特に人工呼吸器を使用している人に)起こることがあります。緊張性気胸になると、直ちに死に至る可能性があります。

症状

最初は、胸痛、息切れ、動悸を感じ、呼吸が速くなります。胸腔内の圧力が上昇するにつれ、血圧が下がり、脱力とめまいを感じるようになり、首の静脈が膨れ上がることもあります。

診断

  • 医師による評価

緊張性気胸は、病歴、症状、診察結果に基づいて診断されます。例えば、胸部の片側だけが膨隆(ぼうりゅう)していたり、胸部をたたくと中が空洞であるかのような音が聞こえたりします。聴診器で胸の音を聞こうとしても、肺に空気が入る音が聞こえません。

緊張性気胸は緊急事態であるため、医師は検査を行わずに直ちに治療を開始します。

治療

  • 穿刺による減圧

医師は、直ちに太い針を胸腔に刺し、空気を除去します(穿刺による減圧)。胸腔ドレーンを挿入して空気の除去を続け、肺が再度膨らむようにします( 胸腔ドレナージ)。通常は、局所麻酔が使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP