Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

大動脈の損傷

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 6月
プロフェッショナル版を見る

胸部に重度の鈍的損傷が起きると、大動脈(体内で最も太い動脈)が部分的または完全に裂けてしまうことがあります。

  • このけがをした人には、激しい胸痛のほか、しばしば脈拍の減弱、声がれ、またはショックがみられます。

  • 胸部X線検査のほか、しばしばその他の画像検査(CT血管造影、超音波検査、または大動脈造影など)も行われます。

  • 外傷性大動脈損傷は緊急の治療を要します。

  • 血圧と心拍数をコントロールしてから、損傷を修復するための手術が行われます。

心臓は、大動脈を介して血液を全身に送り出しています。そのため、大動脈が裂けること(大動脈損傷)は、生命を脅かす緊急事態です。大動脈が大きく裂けた場合、普通は病院に到着する前に死亡しています。

症状

診断

  • 画像検査

胸部外傷のあるすべての患者に、 胸部X線検査 胸部X線検査 心疾患が疑われる場合は、必ず正面と側面から 胸部X線画像を撮影します。通常、患者が直立した状態で撮影しますが、立っていられない患者にはベッドに横になった状態で胸部X線検査を行うことがあります。そして、装置からX線を体に照射し、X線フィルムに画像を記録します。検査は痛みを伴いません。 X線画像では心臓の形と大きさ、肺や胸部を流れる太い血管の輪郭が分かります。心臓の形や大きさの異常、血管内へのカルシウムの沈着といった異常は容易に確認できます... さらに読む 胸部X線検査 が行われます。しかし、大動脈の裂傷は胸部X線写真に写らないことがあり、これを見逃すと、深刻な結果を招くことになります。そのため、高速度での自動車衝突事故または高所からの転落で重度の胸部損傷を負った患者には、しばしば CT血管造影検査 CT血管造影 CT検査(以前はCAT検査とよばれていました)では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度からX線により計測されたものであり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとは... さらに読む CT血管造影 心エコー検査 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 、超音波検査、または大動脈造影検査(大動脈の血管造影 心臓カテーテル検査と冠動脈造影検査 心臓カテーテル検査と冠 動脈造影検査は、手術を行わずに心臓とそこに血液を供給する血管(冠動脈)を調べることができる低侵襲検査です。通常、これらの検査は、 非侵襲的な検査では十分な情報が得られない場合や、非侵襲的な検査では心臓や血管の問題が示唆されない場合、患者の症状から心臓や冠動脈の問題が強く疑われる場合に行われます。これらの検査の利点の1つとしては、検査中に 冠動脈疾患など様々な病気の治療も行えることがあります。... さらに読む 心臓カテーテル検査と冠動脈造影検査 ―表「 一般的な血管造影の種類 一般的な血管造影の種類 一般的な血管造影の種類 」を参照)といった他の画像検査が行われます。

治療

  • 心拍数と血圧のコントロール

  • 大動脈の修復または大動脈にステント(網目状のワイヤーでできた筒)を挿入する手術

心拍数と血圧をコントロールしてから、裂け目を修復するための手術が行われます。ときに、裂け目を覆うために、ステント(網目状のワイヤーでできた筒)が留置されることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP