Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

外傷性気胸

(肺の虚脱)

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

外傷性気胸は、損傷によって胸壁と肺との間に空気がたまることで起こります。その結果、肺が部分的または完全に虚脱します。

  • 胸痛を伴い、息切れを感じる場合もあります。

  • 通常は、胸部X線検査が行われます。

  • 空気を抜き取り肺が再び膨らむようにするため、通常は胸部にチューブ(胸腔ドレーン)が挿入されます。

胸部損傷に関する序も参照のこと。)

肺や気道に鈍力(自動車衝突や転落によるもの)を受けたり穿通性損傷(刺傷や銃創など)を負ったりすると、気胸が発生することがあります。このような衝撃により、空気が肺から漏れ出て、肺と胸壁との間にたまります。漏れ出た空気が、胸部や首の皮膚の下にたまることもあります。多くの場合、胸腔に血液も漏出します(血気胸)。

両肺に気胸が起こると非常に危険です。しかし、たいていの場合は片肺に限られます。片肺のみの気胸が危険になることはまれですが、慢性肺疾患(喘息慢性閉塞性肺疾患など)がある場合、緊張性気胸の場合、開放性気胸(胸壁の開放創[すなわち、外気]につながる気胸)の場合は例外です。

症状

胸痛を伴いますが、そのほとんどは、気胸の原因となったけがそのものによる痛みです。息切れや動悸を感じたり、呼吸が速くなったりすることがあります(特に漏れ出た空気の量が多い場合)。

皮膚の下に空気がたまった場合、皮膚を触ると雪を握るような感覚や、プチプチという音がします。

知っていますか?

  • ときに、虚脱した肺から漏れ出た空気が胸部や首の皮膚の下にたまることがあり、皮膚を触ると雪を握るような感覚や、プチプチという音がします。

診断

  • 胸部X線検査

気胸は通常、胸部X線検査に基づいて診断されます。ときに、他の胸部損傷や腹部損傷を診断するために行われたCT検査または超音波検査で、気胸が診断されることがあります。

治療

  • 通常、胸腔からの空気の除去

治療の目標は、胸腔から空気を除去し、肺が再度膨らむようにすることです。通常、胸部の2本の肋骨の間から、チューブ(胸腔ドレーン 胸腔ドレナージ)を挿入します。このドレーンは、吸引装置につながっており、これによって空気が除去され肺が再び膨らむようになります。この処置は、局所麻酔だけで行うことができます。

しかし、小さな気胸は放っておいても自然に治ることが多いため、たまっている空気の量が少なく、症状もない場合は、空気を除去しないこともあります。あるいは、細いカテーテルを挿入して空気を除去することもあります。治療内容にかかわらず、医師は気胸が悪化しないことを確認するために、患者を入院させて観察します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP