Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼のけがの概要

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Emergency Department, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ヒトの顔面は、眼をけがからうまく守る構造になっています。眼球は、丈夫な骨の壁に囲まれたくぼみである眼窩(がんか)に収まっています。まぶたは、異物に対してすばやく閉じて眼を保護するため、眼は軽い衝撃であれば耐えられることもあります。

眼の周囲の組織の大きなあざと腫れは実際よりもひどく見えるかもしれませんが、これらの保護機能のおかげで、けがの多くは眼球に及ばず、危険を回避することができます。しかし、ときにけがによって眼がひどく損傷され、視力に影響が現れ、場合によっては完全に失明することがあります。まれですが、眼球を摘出しなければならないこともあります。

眼を保護する構造

眼を保護する構造

原因

眼のけがの一般的な原因としては、家庭や工場での事故(例えば、ハンマー、液体化学物質、洗剤の使用時)、暴行、スポーツ損傷(エアガンやペイントボールで使用するマーカーによるけがを含む)、自動車事故(エアバッグによるけがを含む)などがあります。溶接アークや雪からの強い日光の照り返しなどによる、強い紫外線への曝露は、眼の表面にあるドーム状の透明な構造物(角膜— 点状表層角膜炎)に損傷を与えることがあります。眼にけががある人は、ほかに頭や首にもけががみられる可能性があります。

衝撃によっても眼にけがをすることがあり、以下の構造物が損傷される可能性があります。

衝撃によって、眼の組織にあざ(挫傷)や切り傷(裂傷)が生じることがあります。眼の前方の区画内への出血(前房出血)、眼の後方の区画内への出血(硝子体出血)、虹彩の裂け、水晶体のずれ(脱臼)、眼を囲む骨の骨折(眼窩骨折)が生じることもあります。

評価

眼にけがをした人は、医師の診察を受ける必要があります。眼鏡をかけている場合は、通常の矯正をした状態で視力を評価できるように、眼鏡を携帯すべきです。これは、視力の異常が新たに発生したものか、以前からのものかを医師が知る際の助けになります。

眼の検査には、瞳孔(目の中央の黒い点)と眼の動きの詳細な評価、細隙灯顕微鏡検査検眼鏡検査などがあります。細隙灯顕微鏡は、光源、調節可能な双眼の拡大鏡、これらの装置の位置を調整する台からなります。細隙灯顕微鏡検査では主に眼の前部、特に眼の表面とまぶたを評価します。眼底検査では主に眼の後部を評価します。眼底検査はしばしば、シクロペントラートやフェニレフリンなどの点眼薬で瞳孔を開いた後に行われます。瞳孔を開くと、眼の中(特に網膜)のより広い範囲を観察できるようになります。

けがが重篤な場合、特に視力に影響が出ている場合、最初に診察した医師は、患者を眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)に紹介し、改めて評価と治療を受けさせます。受傷した眼はひどく腫れ、開くこともままならない場合があります。それでも、医師は眼を開いて診察し、どの傷に治療が必要かを判定する必要があります。たいていの場合そっと眼を開くことができますが、そのために器具が必要になることもあります。眼球自体に裂傷がある場合に備え、眼球に圧力がかからないように注意して行う必要があります。

予防

眼の保護具、ゴーグル、または特殊な眼鏡(ポリカーボネートのレンズにポリアミドの全周フレームを付けたものなど)といった簡単な予防策を用いるだけで、眼のけがのリスクを大幅に下げることができます。様々なスポーツや建設作業用に、特殊な保護メガネを利用できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP