Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

熱疲労

執筆者:

David Tanen

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

熱疲労は、暑さによって体の塩分(電解質)と水分が過剰に失われた状態で、これにより血液量が減少するため、ときには失神を含む様々な症状が生じます(ショック)。

熱中症の概要も参照のこと。)

熱疲労は、熱中症のいくつかある種類の1つです。

熱疲労は熱けいれんより重症です。より大量の水分や塩分が失われ、症状も重くなります。熱疲労は、過度の暑さにさらされ続けた場合には、熱射病へと進行することがあります。

症状

症状は漠然としていて、他の多くの病気の症状と似ています。症状が暑さに関係していることに気づかない人もいます。症状には以下のものがあります。

  • めまい

  • ふらつき

  • 筋力低下

  • 疲労

  • 頭痛

  • かすみ目

  • 筋肉痛

  • 吐き気

  • 嘔吐

強い痛みを伴う筋肉のけいれんが起こることはまれです。立ち上がるときに失神しそうになり、意識を失うこともあります。普通は大量発汗がみられ、心拍数や呼吸数は上昇し、血圧が下がります。

熱射病とは異なり、熱疲労では錯乱や協調運動障害は起こりません。また、体温は普通は平熱ですが、発熱がみられても一般に40℃を超えることはありません。

診断

  • 症状と、暑さにさらされたという事実

熱疲労はその症状と、暑さにさらされた後に起きたことに基づき診断します。熱疲労以外の病気が疑われる場合、または真水を飲みすぎた人の血中ナトリウム濃度を測定するために、臨床検査が必要になることがあります。

治療

  • 涼しい環境での休息

  • 水分と塩分の補給

治療には、休息(活動をやめること)、暑い環境から離れさせること、口から(スポーツドリンクや、小さじ2杯程度の塩を溶かした1~2リットル程度の水を飲むことによって)あるいは静脈から、水分と塩分を補給することが含まれます。衣類を緩めるか脱がせて、皮膚を濡らしたり、濡れた布を皮膚にあてたりして、体を冷やします。

水分を補給すると、多くはすぐに完治します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP