Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心停止

執筆者:

Amy H. Kaji

, MD, PhD, Harbor-UCLA Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

心停止とは人が死ぬときに生じる状態です。心停止になると、心臓から、内臓、脳、組織に血液と酸素が送り出されなくなります。心停止が起こって数分以内であれば、ときに蘇生する可能性があります。しかし、時間が経過するほど蘇生する可能性は低くなり、助かったとしても脳に障害が残る可能性が高くなります。

心停止が5分を超えて続くと脳に障害が残る可能性が高くなり、8分を超えると死亡する可能性が高まります。そのため、心停止の場合、一刻も早く救命処置を始めるべきです。

心停止は、死因となりうるあらゆる病態が原因で起こりえます。一般的な原因の1つで、特に成人に多いものは、心臓のリズム異常(不整脈)です。別の原因として、溺水または重度の肺炎による呼吸の停止が考えられます。

心停止が起きた人は、倒れたまま動かず呼吸が止まった状態となり、問いかけや体を揺するなどの刺激にまったく反応しません。

救命・応急手当

心停止を認識するとほぼ同時に治療を始めます。意識のない人を見たら、救助者はまず、「大丈夫ですか」と大きな声で尋ね、反応があるかどうかを確認します。反応がなければ、患者の顔を上に向け、呼吸が止まっているかどうかを目で見て判断します。

その人が刺激に反応せず、呼吸していない、または呼吸が異常である(例えば、喘いでいる)場合、緊急蘇生を開始し、電話で救急隊を呼ぶ必要があります。救急サービスの電話対応をするスタッフから、蘇生に関する指示を受けられる場合があります。

自動体外式除細動器(AED)を最初に、あるいは入手でき次第使用する必要があります。AEDを使用すれば、電気ショックで治療できる不整脈(心室細動)がないかを即座に判断できます。AEDの解析により、是正できる心臓のリズム異常が原因で心停止になっていることが分かれば、AEDから電気ショックが発生し、それによってしばしば心拍が再開します。AEDは容易に使用することができ、様々な公共の場に設置されています。正しい使用法はAED本体に記載されており、指示をしっかり守る必要があります。アメリカ赤十字社などの組織では、AEDの使い方の講習が行われています。

AEDを使用した後も心停止が続くようであれば、気道の開通、心肺蘇生、ナロキソンまたはアドレナリンの投与などの別の処置を開始します。

心肺蘇生のやり方は、アメリカ赤十字社または米国心臓協会の講習を受けて習得するのが最適です。講習に関する情報はアメリカ赤十字社(American Red Cross)または米国心臓協会(American Heart Association)のウェブサイトにあります(訳注:日本赤十字社のウェブサイトはhttp://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/)。心肺蘇生のやり方はときおり変更されるため、定期的に講習を受け直すのがよいでしょう。

心肺蘇生には2つの方法があります。

  • 標準的な方法(標準的な心肺蘇生の訓練を受けた救助者の場合)

  • 圧迫のみ(人工呼吸の訓練を受けていない、または人工呼吸をしたくない救助者の場合)

標準的な心肺蘇生

標準的な心肺蘇生とは、人工呼吸(口対口人工呼吸、マウスツーマウス法)で肺に酸素を送る方法と、胸骨圧迫により心臓から強制的に血液を送り出し、脳などの重要臓器に酸素を循環させる方法を組み合わせて行うことです。

成人、小児、乳児では、心肺蘇生は胸骨圧迫から始めます。

新生児や呼吸停止の疑いのある人(溺れていた人など)では、心肺蘇生は人工呼吸から始めます。

成人に胸骨圧迫を行うには、救助者は倒れた人の頭、体幹、四肢を同時に動かしてあお向けにし、顔を上に向けます。救助者は腕を伸ばして肘をまっすぐにし、患者の上にかがんで両手を重ね、胸骨の下半分の部分にあてます。患者が成人の場合は、胸部を圧迫して約2~2.4 インチ(5~6センチメートル)押し下げます。患者が小児の場合、救助者は片手だけで胸部を約2インチ(5センチメートル)圧迫します。乳児の場合は、乳首のすぐ下の胸骨に2本の指をあてて圧迫し、1.5インチ(約4センチメートル)押し下げます。

人工呼吸を行うには、救助者はまず口とのどを見て、気道をふさいでいるものがないか調べ、あれば取り除きます。そして、患者の頭を後ろに傾け、顎を挙上させて気道を開通させます( 成人の気道の確保)。救助者は患者の口を自分の口で覆い、肺に空気をゆっくり吹きこみます。人工呼吸を行っている間、患者の気道は開いていなければなりません。吹きこんだ空気が患者の鼻から漏れてしまわないように、患者の鼻をつまみながら息を吹きこみます。人工呼吸のやり方は小児でも成人でも同様です。

乳児に人工呼吸を行う場合は、救助者の口で乳児の口と鼻を覆います。乳児の肺は小さいため、傷つけないように、成人よりも吹きこむ息の量を少なくします。胸の動きがみられたら、ゆっくり深く2回息を吹きこみます。人工呼吸を適切に行っても胸が上がらない場合は、患者の気道閉塞が考えられますが、心肺蘇生は続ける必要があります。心肺蘇生中に気道が開くたびに、救助者は患者の口の中に何らかの物体が入っていないか探し、見つかった場合はそれを取り除きます。

標準的な心肺蘇生は、1人で行う(人工呼吸と胸骨圧迫を交互に行う)ことも、2人で行う(1人が人工呼吸、もう1人が胸骨圧迫を行う)ことも可能です。標準的な心肺蘇生では、30回胸骨圧迫をした後に、2回人工呼吸を行うというサイクルを繰り返します。小児または乳児に心肺蘇生を行う際に救助者が2人いる場合は、胸骨圧迫15回に対し人工呼吸を2回行うのが望ましく、新生児では胸骨圧迫3回に対し人工呼吸1回が推奨されます。胸骨圧迫はすべての年齢の患者で1分間に約100~120回行います。心肺蘇生は救急隊が到着するか、患者が回復するまで続けます。

自動体外式除細動器:心臓の拍動を再開させる装置

自動体外式除細動器(AED)は、心室細動という特定の不整脈を検出して正常化する装置です。心室細動は心停止を引き起こします。心停止が起きた場合、AEDがあれば速やかに使用すべきです。AEDを使用することで救命の可能性が高まるため、AEDは救急車を呼んだり心肺蘇生を始めたりする前に使用します。AEDが心室細動を検出すると、電気ショックが与えられます(除細動)。これにより正常なリズムが回復し、心拍が再開することがあります。心臓が動き始めた場合でも救急治療を施す必要があります。AEDを使用しても心停止の状態が続く場合は、心肺蘇生を行う必要があります。

AEDは簡単に使うことができます。アメリカ赤十字社などの組織では、AEDの使い方の講習が行われており、ほとんどの講習は数時間で済みます。AEDの機種によって使用法が若干異なるため、使用中のAEDに記載されている指示をしっかり守る必要があります。米国では、AEDはスタジアムやコンサートホールなど、人が集まる多くの場所に設置されています。心室細動を起こす可能性が高いと主治医から言われている人が植込み型除細動器を使用しない場合は、家庭用のAEDを購入して、家族が使用できるようにしておくとよいでしょう。

自動体外式除細動器:心臓の拍動を再開させる装置

心肺蘇生:実際にどれくらい効果があるのか

ドラマや映画では、心臓発作または何らかの理由で倒れた人が、心肺蘇生によって生き返るのが普通です。

しかし実際には、心肺蘇生によって人が息を吹き返す確率ははるかに下がります。

病院以外の場所で心臓発作を起こして病院に生きてたどり着くことができるのはほんの数パーセントに過ぎません。生きて病院にたどり着いた場合でも、基礎にある心疾患のため、多くの人が退院する前に死亡してしまいます。退院できた人のうち、多くが心臓発作から1年以内に亡くなります。

一般にドラマや映画では、若く比較的健康な人や、ときには重篤なけがを負った人に心肺蘇生が行われます。しかし実際には、心肺蘇生を必要とする人のほとんどは高齢者で、その多くは様々な重篤な基礎疾患をもっています。こういった人たちが心肺蘇生後に回復する見通しははるかに低くなります。しかも、心停止の原因がけがである場合、心肺蘇生が有効であることはまれです。

テレビや映画では、患者は亡くなるか完全に回復するかのどちらかです。しかし実際には、心肺蘇生を受けて生き延びた人の多くは、脳への血流が不足した結果、重篤な身体障害を抱えることになります。

成人の気道の確保

倒れた人が呼吸していないことが分かったら、救助者は口とのどを見て、気道をふさいでいるものがないか調べ、あれば取り除きます。それでも息を吹き返さない場合は、舌が気道をふさいでいる可能性があります。その場合、救助者は患者の頭部を軽く後ろに傾けてあごを持ち上げると舌が動き、気道が開きます。それでも呼吸が再開しない場合は人工呼吸を始めます。気道の確保は、心肺蘇生の一環として行われることもあります。

成人の気道の確保

胸骨圧迫単独による心肺蘇生

胸骨圧迫単独による心肺蘇生(ハンズオンリーCPR)では、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫だけを行います。現在、救助者が心肺蘇生の訓練を受けていないか、胸骨圧迫の訓練しか受けていない場合には、胸骨圧迫単独による心肺蘇生が推奨されています。乳児と小児や心停止の原因が呼吸停止であると思われる人(溺れた人など)では、救助者は人工呼吸を行う必要がありますが、救助者が人工呼吸をしたくない場合やできない場合であっても、圧迫のみの心肺蘇生を行う必要があります。

胸骨圧迫を行っている救助者はすぐに疲れてしまい、その結果圧迫が弱くなって効果がなくなってしまいます。そのため、救助者が2人いる場合は、2分毎に役目を入れ替えるべきです。

心肺蘇生に反応したすべての人に、緊急の治療が必要です。

成人に対する胸骨圧迫

心肺蘇生のために胸骨圧迫を行う場合、救助者は倒れた人の脇で両膝をつき、両腕をまっすぐに立て、患者の上にかがんで両手を重ね、胸骨の最下端(剣状突起)のすぐ上(指2本分程度)にあてます。患者が成人の場合は、胸部を圧迫して約2~2.4インチ(約5~6センチメートル)押し下げ、毎分約100~120回圧迫します。

成人に対する胸骨圧迫

乳児または小児に対する胸骨圧迫

乳児または小児に対する胸骨圧迫

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP