Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

咬み傷と刺し傷に関する序

執筆者:

Robert A. Barish

, MD, MBA, University of Illinois at Chicago;


Thomas Arnold

, MD, Department of Emergency Medicine, LSU Health Sciences Center Shreveport

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

人間も含めて動物の多くは、驚かされたり挑発されたりすると、咬みつくことがあります。咬みつく動物の例として以下のものが挙げられます。

咬まれたことによる外傷(咬傷)は、皮膚のひっかき傷程度から重症の傷まで幅があり、また、かんだ動物の口の中の細菌によりしばしば感染を起こします。

一部の動物、昆虫、節足動物は口器や毒針を通じて毒液(毒)を注入します。毒液は毒性の弱いものから生命を脅かすものまで様々です。たとえ弱い毒でも、重いアレルギー反応が起こることがあります。刺咬で知られる生物の例を以下に挙げます。

咬み傷や刺し傷の多くは患者への問診と検査によって診断します。傷口が深い場合は、傷口に入り込んだ歯などの異物を見つけるためにX線検査や他の画像検査を行うことがあります。感染や瘢痕化を予防する最も効果的な方法は、傷口の徹底的な洗浄と適切な創傷ケアをできるだけ早急に行うことです。通常は医師に破傷風のワクチン接種歴を尋ねられ、必要に応じて、追加接種が行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP