Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

植物による中毒

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Grand Strand Medical Center

最終査読/改訂年月 2019年 2月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

栽培されている植物にも有毒なものがいくつかあります。一般に、大量に摂取した場合(例えば、葉などがペースト状に濃縮された場合や茶として煎じられた場合)か、植物の毒性が非常に強い場合でなければ中毒を起こす可能性は高くありません。毒性が強く、死に至らしめる可能性のある植物には、トウゴマの実、トウアズキの実、ドクニンジン、ドクゼリのほか、ジギタリス配糖体を含むキョウチクトウやキツネノテブクロなどがあります。植物による中毒で、特定の解毒剤で治せるものはほとんどありません。( 中毒の概要 中毒の概要 中毒とは、有害物質を飲み込んだり、吸い込んだり、皮膚や眼、または口や鼻などの粘膜に接触したときに生じる有害作用です。 中毒を起こす可能性のある物質としては、処方薬や市販薬、違法薬物、ガス、化学物質、ビタミン類、食べもの、キノコ類、植物、動物の毒などがあります。 ダメージを与えない毒物もありますが、重度の損傷を引き起こし、死をもたらす毒物も... さらに読む も参照のこと。)

ほかにもそれほど重篤ではない毒性作用をもつ植物が多数あります( 中程度の毒性がある植物 中程度の毒性がある植物 中程度の毒性がある植物 )。

トウゴマとトウアズキの実

トウアズキの実には、リシンに関連があり、さらに強い毒であるアブリンが含まれています。トウアズキの実を飲み込むと死に至ることがあります。小児の場合、実を1粒噛むだけで死亡することがあります。

トウゴマの実やトウアズキの実による中毒では、後になって重度の嘔吐や下痢(しばしば血性下痢)が生じることがあります。その後、せん妄やけいれん発作が起こります。昏睡に陥り、死に至ることもあります。医師は、毒が吸収される前に実を胃腸から流し出すよう努めることがあります。

ドクニンジン

ドクニンジン中毒では、15分以内に症状が出ることがあります。口腔乾燥、後に心拍数の増加、振戦(ふるえ)、発汗、けいれん発作、筋力低下が起こります。ドクゼリは、嘔吐、下痢、せん妄、けいれん発作、昏睡を引き起こすことがあります。

キョウチクトウ、キツネノテブクロ、スズラン

キョウチクトウ、キツネノテブクロ、また似ているものの毒性の弱いスズランは、嘔吐や下痢、錯乱、不整脈、血液中のカリウム濃度の上昇を引き起こすことがあります。これらの植物には、心臓病の薬であるジゴキシンに非常に似た物質が含まれています。これらの植物による中毒の患者を、ジゴキシンの過剰摂取の治療に使用する薬で治療することもあります。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP