Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

膝の前部に起こる痛み

(ランナー膝)

執筆者:

Paul L. Liebert

, MD, Tomah Memorial Hospital, Tomah, WI

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース
  • 太ももの筋肉が弱い、過度の回内が起こる、脚の筋肉や腱が硬いなどの原因により、膝の前部に痛みが生じます。

  • 下り坂を走ると痛みを感じ、やがて歩行時にも痛むようになります。

  • 診断にはMRI検査と関節鏡検査が必要な場合があります。

  • 痛みがなくなるまで走ることをやめるべきであり、その後、膝の周りの筋肉を強化しバランスを整える運動を行います。

  • 過度の回内が痛みの原因である場合は、靴に足底板(中敷き)を入れると助けになることがあります。

スポーツ外傷の概要も参照のこと。)

膝蓋骨は膝の周囲の靱帯や腱がつながっている円形の骨で、正常であれば走っているときに大腿骨の上や下に動きます。

膝の前部が痛むとき

正常な状態では、走っているときに膝蓋骨(膝の皿)は大腿骨の上や下に動いています。膝蓋骨に痛みが生じる理由としては、太ももの筋肉が弱いことや、足が過度に内転(回内)していることがあります。その結果、膝蓋骨と大腿骨が異常にすれ合い、損耗が進みます。

膝の前部が痛むとき

膝の前部の痛み(膝前部痛)が起こる原因としては、以下のものがあります。

  • 膝関節前方で膝蓋骨の位置が高すぎるか低すぎる。

  • 膝蓋骨周囲の筋肉の位置が中心からずれている。

  • ハムストリングの筋肉が硬く、短い。

  • アキレス腱が硬い。

  • 太ももの筋肉(正常であれば膝を安定させる)が弱い。

ランナー膝

ランナー膝は膝前部の痛みを引き起こす治療可能な障害で、一般的な原因は太ももの筋肉が弱いことです。太ももの筋肉が弱いと、膝蓋骨が側方に動いて大腿骨と異常なこすれ方をします。ランナー膝になると、たいてい最初は下り坂を走っているときに膝が痛み始めます。そのうち、下り坂以外で走っているときや歩いているとき、特に階段を降りるときにも痛みが起こるようになります。

過度の回内

歩行時や走行時に足が過度の回内を起こしている(足が内側に傾いている)と、膝の痛みが起こる場合があります。回内によって太ももの筋肉(大腿四頭筋)が膝蓋骨を外側に引っ張り、その結果、膝蓋骨が大腿骨の端部とこすれ合う異常が生じます。

診断

  • 医師による評価

医師は症状について尋ね、診察を行います。MRI(磁気共鳴画像)検査や関節鏡検査(観察用の柔軟な管状の機器で関節内を調べる検査)、またはその両方が必要になる場合もあります。

治療

  • 安静

  • リハビリテーション

走っても痛くなくなるまで、ランニングを控えます。患部の氷冷や非ステロイド系抗炎症薬の投与、膝サポーターや弾性ストッキングの一時的な使用も助けになります。回復期間中に、膝を保護し体力を維持するために、エクササイズ用バイクをこいだり(シート位置を高く、反復回数と抵抗は少なくして行う)、水泳をしたり、他の運動を行うことができます。また、太ももの裏側の筋肉(ハムストリング)と表側の筋肉(大腿四頭筋)を強化し、バランスを整える運動が役に立ちます。

ランナー膝の場合は、運動前にストレッチを行うと、硬い筋肉により生じる異常な力のバランスを調整し、けがを減らすのに役立ちます。

足底板(靴の中敷き)は過度の回内を矯正するのに役立ちます。

スポーツ外傷の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP