Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

上腕骨内側上顆炎

(ゴルフ肘)

執筆者:

Paul L. Liebert

, MD, Tomah Memorial Hospital, Tomah, WI

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

上腕骨内側上顆炎は、手首を手のひらの向きに曲げる筋肉の腱の炎症で、肘や前腕の内側に痛みが生じます。

スポーツ外傷の概要も参照のこと。)

  • 多くの場合、手首を手のひらの向きに繰り返し強く曲げる活動が原因で起こります。

  • 安静、氷冷、鎮痛薬が痛みの緩和に役立ちます。

  • 痛みが治まったら、再発予防に役立つストレッチや筋力強化運動を行います。

このけがは、抵抗がかかる状態で手首を何度も手のひら側に曲げることによって起こります( 肘の痛み)。このような力が生じる動作としては、テニスで強いサーブを打つ、オーバーハンドサーブやトップスピンサーブをする、濡れて重くなったボールを打つことなどがあり、さらにラケットが重すぎる、グリップが細すぎる、ガットの張りが強すぎるなどのケースのほか、野球の投球、やり投げなどが挙げられます。また、ゴルフでボールの打ち方が悪い場合にもこの炎症が起きるため、ゴルフ肘という名前がついています。このけがは「トップからたたく」ときによく起こります。つまり、右利きのゴルファーなら、スイングするときに左腕と体を使ってクラブを引っ張るのではなく、主に右腕で強引に振り下ろすことで、右肘の屈筋に大きな負荷がかかり、けがをします。レンガ積み、金槌の使用、タイピングなど、運動以外の動作が上腕骨内側上顆炎の原因になることもあります。

肘と前腕の内側に痛みを感じます。手首を手のひらの向きに曲げると痛みが増します。

診断

  • 医師による評価

症状と診察結果に基づいて診断されます。診察では、患者はいすに座り、患部のある腕をテーブルにのせて手のひらを上に向けます。医師は患者の手首を上から押さえ、患者に手首から先を上げるよう指示します。上腕骨内側上顆炎のある人は肘の内側に痛みを感じます。

治療

  • 安静

  • リハビリテーション

最初の治療としては、手首を手のひらの向きに曲げて痛みが生じる活動を一切行わないようにします。痛みのある部位に氷をあてたり、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を使用したりすると、痛みの緩和に役立ちます。痛みが少なくなったら、手首と肩の筋肉を強化する運動プログラムを開始します。手術が必要になることはまれです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP