Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

アキレス腱炎

執筆者:

Paul L. Liebert

, MD, Tomah Memorial Hospital, Tomah, WI

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

アキレス腱炎は、ふくらはぎの筋肉とかかとを結ぶ丈夫な腱であるアキレス腱が、炎症を起こした状態です。

スポーツ外傷の概要も参照のこと。)

アキレス腱炎はランナーに非常に多くみられます。走るときに、ふくらはぎの筋肉は足を上げる動作(足の裏全体が接地した状態からつま先立ちに引き上げる動き)に関与しています。走ることによる負荷が繰り返しかかり、運動後に十分な回復期間をとらないと、アキレス腱の炎症が起こることがあります。

通常、腱炎の最初の症状はふくらはぎ下部とかかとの後ろの痛みです。痛みは運動の開始時に強くなり、運動を続けていると軽減することがよくあります。アキレス腱炎は、症状と診察結果に基づいて診断されます。

氷冷と非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)により、痛みと炎症を和らげます。痛みが続く間は、走ったり自転車をこいだりするのを控えることが重要です。ハムストリングのストレッチと筋力強化運動は、痛みがなくなったらすぐに開始できます。その他の治療法はアキレス腱炎が起きた状況によって異なります。靴底が柔軟なランニングシューズを選んだり、かかとを厚くする装具をシューズに挿入したりして、腱の張力を減らしてかかとを安定させます。走るのを再開する際は徐々に行い、走る前に腱のストレッチ運動を行い、再開してしばらくは走った後に氷冷を行います。

ハムストリングのストレッチと筋力強化運動
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP