Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

膝の伸展機構のけが

(大腿四頭筋腱裂傷;膝蓋腱裂傷;膝蓋骨骨折;脛骨粗面骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of California, San Francisco

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

膝の伸展機構のけがは、膝を伸展する(伸ばす)際に何かが妨げとなって伸ばせなかったときに起こります。このときに、太ももの主要な筋肉(大腿四頭筋)と膝の皿(膝蓋骨[しつがいこつ])をつなぐ腱が断裂したり、膝蓋骨とすねの骨(脛骨)をつなぐ腱が断裂したり、膝蓋骨や脛骨の上部が骨折したりすることがあります。

健康な人の場合、膝の伸展機構のけがは大きな力を受けたときにしか起こりません(高所から飛び降りたときや衝撃の大きい自動車事故など)。しかし、特定の条件に該当する人は、こうしたけがが起こりやすくなっています。具体的な条件としては以下のものがあります。

これらのいずれかに当てはまる人は、階段を踏み外したり歩行中につまずいたりした際に膝を負傷するおそれがあります。

大腿四頭筋腱は、太ももの主要な筋肉(大腿四頭筋)と膝の皿(膝蓋骨)をつないでいます。膝蓋腱は、膝の皿とすねの骨(脛骨)をつないでいます。

膝の伸展

膝の伸展には複数の構造が関与しており、人が膝を伸ばそうとしたときにその動きが妨げられると、けがをすることがあります。次のようなけがをします。

  • 太ももの主要な筋肉(大腿四頭筋)と膝の皿(膝蓋骨)をつなぐ大腿四頭筋腱の裂傷(断裂)

  • 膝の皿とすねの骨(脛骨)をつなぐ膝蓋腱の断裂

  • 膝の皿の骨折、またはすねの骨上部の骨折

膝の伸展

症状

腱が完全に断裂すると、患者は立つことも、座った状態で膝を伸ばすこともできなくなります。通常は膝に痛みと腫れが生じます。

膝の皿がずれて、本来の位置の上または下に移動することがあります(転位といいます)。

診断

  • 医師による評価

  • X線検査

  • MRI検査

膝の診察によって、医師はどの構造物に損傷があるかを判断できることがあります。けがの後に膝の腫れや痛みがある場合、医師は患者に負傷した脚を伸ばしてみるように指示します。患者が脚を伸ばせない場合は、膝の伸展機構が損傷している可能性が高くなります。

医師は膝のX線検査も行います。多くの場合、X線検査で膝の皿の転位や骨折の有無を判断できますが、X線写真では正常に見える場合や、膝の皿が膝関節上の通常の位置より高いところにある(膝蓋骨高位といいます)のが分かるだけの場合もあります。

診断を確定するには、MRI(磁気共鳴画像)検査が必要です。

治療

  • 手術

膝の伸展機構のけがは、できるだけ早く手術で修復します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP