Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肩のねんざ

(肩鎖関節離開;AC離開)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肩のねんざは、肩関節を本来の位置に保持している靱帯が断裂しているけがです。

  • 靱帯が部分的に、または完全に断裂しています。

  • 肩のねんざはよく起こるけがであり、特にアメリカンフットボールやラグビー、レスリングなどの運動選手に多くみられます。

  • 関節が痛み、圧痛を伴います。

  • 医師はX線検査を行い、ねんざの重症度を判定します。

  • ねんざがひどくなければ、通常は関節をつり包帯で固定しますが、重度のねんざには手術が必要になることがあります。

肩関節は、鎖骨と肩甲骨の2つの突出部(1つは前側[肩峰]、もう1つは後ろ側[烏口突起])をつなぐ靱帯によって連結されています。ねんざは主に前側の靱帯に起こります(肩鎖関節のねんざ)。ただし、1本以上の靱帯が断裂することもあります。

肩関節

肩関節

このねんざでは、靱帯が部分的に、または完全に断裂します。鎖骨と烏口突起をつなぐ靱帯が完全に断裂するかそれに近い状態になると、鎖骨が肩甲骨から離れてしまいます(肩鎖関節離開)。

肩のねんざは頻繁に発生し、特にアルペンスキーやジェットスキーなどの高速で行われる競技や、アメリカンフットボール、ラグビー、レスリングといった接触を伴うスポーツの選手に多くみられます。このねんざは転倒によって生じ、通常は肩から落ちたとき、まれに伸ばした腕をついて着地したときに起こります。

症状

肩関節に痛みと圧痛があります。

診断

  • X線検査

体の左右両側で、鎖骨のX線検査を行います。医師はねんざの重症度を判定する際に、X線検査で関節の骨がどの程度離れているかを確認します。

検査の結果に基づいて、医師は関節の状態を次のように分類します。

  • I型:ねんざは軽度で、関節の骨(鎖骨と肩甲骨)は本来の位置にあります。最も重症度の低い型です。

  • II型:関節内の骨が一部、本来の位置から離れています(亜脱臼)。

  • III~VI型:関節の骨が完全に離れています。これらの型は肩鎖関節離開です。

治療

  • それほど重度でないねんざには、つり包帯と早期の関節可動域訓練

  • 重度のねんざには、手術

肩のねんざの治療法は、重症度と型によって異なります。

比較的軽度のねんざ、つまりI型とII型のねんざの場合は、通常はつり包帯を使用して関節を固定し、早期に関節の可動域を維持する運動を開始します。

肩鎖関節離開など、重度のねんざの場合は、手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP