Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

つち指

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

つち指は、指先が下方に曲がって伸ばせなくなった状態です。通常はけがが原因でつち指になります。

通常、つち指は、指先で骨と筋肉をつないでいる腱が断裂したときに起こります。この腱(伸筋腱)は、指先をまっすぐに伸ばす役割があります。通常、指先を正常な範囲を超えて曲げる力がかかると腱が断裂します。一般的な原因は、野球のボールが指先を直撃して突き指することです。そのため、つち指は野球指と呼ばれることがあります。

1本または複数の指が、つち指になることがあります。ときに関節の脱臼も起こります。

腱が断裂するときに、指から骨片が引き剥がされることがあります(剥離骨折)。剥離骨折が起こると、患部の骨端(関節面)の軟骨も骨折します。

つち指

つち指になると、その指の末端をまっすぐにすることができません。

つち指

症状

通常、けがをした直後から指に痛みと腫れがみられ、あざができます。関節が曲がったままになり、伸ばすことができなくなります。 ときに、爪の下に血液がたまることがあります(爪下血腫)。

診断

  • 身体診察

  • 骨折の有無を調べるX線検査

通常、医師は指を診察して、つち指を診断することができます。

多くの場合、複数の角度からX線検査を行い、骨折の有無を確認します。

治療

  • 副子

医師は患者の指を伸ばし、副子をあて、わずかに上向きに反らせて固定します。副子は6~8週間装着します。

まれに、骨折が関節面の広い部分に及んでいる場合や、関節が脱臼している場合は、手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP