Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

長期ケア保険

執筆者:

Roger I. Schreck

, MD

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

米国における医療の資金提供および利用可能性に関する最新の詳細情報は未決定のままです。最新情報については、メディケア・メディケイド・サービス・センター(Centers for Medicare & Medicaid Services)およびヘンリー・J・カイザー家族財団(The Henry J. Kaiser Family Foundation)を参照してください。

高齢者向け医療保険制度の概要も参照のこと。)

長生きする人が多くなったため、より多くの人に長期ケアが必要になると考えられます。長期ケアは、できる限り機能を維持するための支援をします。これには食事の準備、入浴、着替えなどの日常生活の援助や医療などがあります。長期ケアは家庭または介護施設などの長期療養施設で実施されます。

長期ケアは高額であり、文字通り、通常は長期間にわたって必要になります。したがって、多くの人はその支払いに援助を必要とします。しかし、多くの人がメディケアは長期ケアをカバーしていると誤解しています。また、メディケイド(資産がほとんどない人を対象にケア[長期ケアを含む]をカバーする)は、一部の長期ケア提供者には受け入れられていません。

長期ケア保険に加入するかどうかはいくつかの事柄によって決まります。

  • 必要性

  • 費用

  • 時期

  • 適用範囲

必要性:長期ケア保険が必要か。

この保険を必要としない人には以下のような人などがいます。

  • 収入が社会保障給付金(ソーシャルセキュリティー)のみで、限られた資産しかない人

  • メディケイドの受給資格のある人、またはメディケイドを受け入れている介護施設に入所した後に資格を取得する予定の人

  • 多くの資金があり、保険がなくても長期ケアに対する支払い能力がある人

この保険を必要とする人には、裕福でも貧困状態でもない、例えば以下のような人がいます。

  • 自身または家族の資産を守りたい人

  • ケアに関して家族に頼りたくない人

  • 確実に高品質のケアを受けたい人

  • いつ、どこで(例えば、介護施設ではなく家庭で)、どのようなケアを受けるかについて、自分で決めたい人

費用:長期ケア保険に加入することで、資金面で困窮しないか。

収入が減っても、長期間保険料を支払えるかどうかを考えなければなりません。保険料が増額される頻度と程度や、保険支払いが可能となるまでの自己負担が求められる日数(除外期間)を調べておきましょう。

時期:長期ケア保険に今すぐ加入すべきか、またはもう少し後にした方がよいか。

若い人ほど、低額で長期ケア保険を購入できます。 一方、若いうちに支払いを開始するほど、利用できるようになるまでの期間は長くなります。しかし、加入を先延ばしにすると、病気になって長期ケア保険への加入が困難または不可能になる可能性が高くなります。

適用範囲:長期ケア保険を購入することにした人は、対象となる期間(給付期間)を決める必要があります。介護施設の入所期間は平均2~3年のため、ほとんどの人はそれより少し長い期間(4~6年)を選択します。

1日のケアに対して必要になる最高額(1日給付額)も決めなければなりません。この額は、地域の介護施設でのケアの平均費用に近い額にすべきです。

多くの重要な事柄に関して様々な契約内容があるため、慎重に検討しなければなりません。例えば、以下のような事柄を決める必要があります。

  • インフレに対する保護策を組み込むかどうか

  • 給付開始要件(入浴または着替えなどの基本的な日常活動ができなくなったときなど)を詳細に決めておくかどうか

  • 在宅ケアの給付額は介護施設でのケアと同等か

  • 保険料が医療費として課税所得から控除され、給付額が課税所得から除外される税制適格プラン(tax-qualified planと呼ばれる)などの税の優遇措置が、契約内容に含まれるか

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP