Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

高齢者居住地区

執筆者:

Debra Bakerjian

, PhD, APRN, Betty Irene Moore School of Nursing, UC Davis

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

高齢者居住地区は、自立生活が可能だが、主に住居の手入れなどの援助を必要としている、または希望している人向けに設計されています。一部の高齢者は、さらに多くの援助が必要になる前に高齢者居住地区への転居を選択します。転居の理由には、大きな家と庭を維持管理する責任を負いたくない、または1人になったことによる寂しさや孤独感などがあります。

高齢者居住地区は、一群の集合住宅、タウンハウス、または一戸建てから構成されます。これらの地区では、送迎、娯楽施設、いくつかの敷地内看護サービス、給食、洗濯サービス、家の掃除と管理などのサービスが提供されます。このようなサービスにより、高齢者は無理なく自立して生活することができます。高齢者居住地区では、旅行、ゲーム大会、または講師を招いた講義などのグループ活動が計画されます。プールやゴルフコースなどのレクリエーション施設があるところもあります。通常、住居は高齢者向け(例えば平屋など)に設計されています。人によっては、高齢者居住地区に住むことで、より集約的な長期ケアを提供する施設への入所を先送りすることができます。

高齢者居住地区が生涯医療付き住宅地の一部であることもあります。生涯医療付き住宅地では、必要なだけのケアが生涯にわたって提供されます。

高齢者居住地区はそれぞれ大きな違いがあるため、検討中の地区が適しているかどうかを確認するために、以下のような事柄を質問すべきです。

  • 毎月の支払いに加えて入居費用が必要かどうか。どのサービス、活動、アメニティが毎月の支払いに含まれているか。

  • どのようなサービス、活動、アメニティが利用できるか。銀行、美容院、郵便局、または雑貨店があるか。地域の商店街、診療所、その他の医療施設への送迎を容易に利用できるか。どのような社会活動や運動プログラムが利用できるか。

  • 何歳からこの地区に住めるか。

  • 施設がよく維持管理されているか。住居とその環境は快適であるか。十分な駐車場があるか。

  • 助けになるサービス担当者がいるか。

  • 食事が提供されるか。

経済的問題

高齢者居住地区では、住宅を借りるか、または購入することができ、その多くはコンドミニアム型の住居です。資金調達、販売、または所有権の移譲は他の私有の住宅と同じように行います。個人的ケアサービスが必要な場合、その費用は通常、自己資金または長期ケア保険で支払います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP