Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

自宅での高齢者ケア

執筆者:

Debra Bakerjian

, PhD, APRN, Betty Irene Moore School of Nursing, UC Davis

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

フレイルであるか体力がない場合、特に病院またはリハビリテーション施設から出てきた後は、高齢者には自宅でのケアが必要になることがあります。簡単なケアは通常、家族、友人、またはその両者が担います。より複雑なケアを行うには、医療従事者(正看護師、療法士など)やその他の人(ホームヘルパー、ソーシャルワーカーなど)に自宅に来てもらわなければならないことがあります。このようなケアは通常、在宅ケア組織が手配し、医師が監督します。ケアが必要とされる期間は、短い場合もあれば、長い場合もあります。メディケアは自宅から出られないとみなされた人にサービスを提供します。自宅から出られない人とは一般に、受診時または緊急時にしか自宅を離れられない人を意味します。

看護師に包帯交換または薬の注射をしてもらわなければならないことがあります。

筋力とバランスを取り戻すため、または脳卒中から回復するために、理学療法士の援助が必要な場合もあります。

買い物、食事の準備、車いすでの外出、散歩、または入浴には、ホームヘルパーの援助が必要になることがあります。

ソーシャルワーカーは、高齢者が必要なサービスを受けているかどうかを判断し、状況に応じてサービスの追加を助言することもできます。ソーシャルワーカーは医療機関受診時の車の手配も助けます。

在宅ケアでは、関与するすべての人同士のコミュニケーションが重要です。高齢者の状態が変化を示した場合は、看護師または医師に速やかに連絡すべきです。

icon

自宅でどのようなサービスが提供されるか

種類

サービス

医療

看護

理学療法、作業療法、言語療法

レスパイトケアとホスピスケア

室内便器、車いす、歩行器などの耐久医療機器

静脈から(静脈内)投与される薬

透析

経管栄養または静脈栄養

呼吸を助ける人工呼吸器

X線、心電図検査、血液検査などの診断検査

その他

食事、入浴、洗髪、トイレ、着替えの介助などの個人的ケア

掃除の支援

助けを求める信号を送る機器(個人的な緊急時対応システム)

監視を行うセキュリティーシステム

給食制度(Meals-on-Wheelsなど)

ときに、かかりつけ医が医療従事者チームの調整役を務めて、自宅で生活する慢性疾患または障害のある患者に、共同でより良いケアを提供することもあります。このような取り組みは、「患者中心の在宅ケア」と呼ばれます。

在宅ケアは、介護施設への入所を23%減少させ、ホームヘルパーと看護師の訪問が適切に計画されれば、安価です。

経済的問題

高齢者向け医療保険制度の概要も参照のこと。)

創傷ケアや、心不全または糖尿病といった病気のモニタリングなど、専門的看護に分類される在宅ケアサービスはメディケア(米国の高齢者医療保険)によりカバーされます。 しかし、給付額と適用対象期間は限定的です。専門的ケアが不要になった場合、通常はその後の看護に対する費用を支払う必要があります。長期ケア保険またはメディケイド(米国の低所得者向け医療扶助制度)が、有資格者に対して、在宅ケアサービスをカバーする場合もあります。退役軍人も、その必要性と障害の程度によっては、在宅ケアサービスを受ける資格があります。

保険でカバーされる在宅ケアの場合は、在宅ケアが必要であることを医師が証明しなければなりません。メディケアの場合は、高齢者がメディケアの在宅ケア要件に適合することを医師が証明しなければなりません。

PACE

PACEはメディケアやメディケイドの財源で提供されるサービスです。このプログラムは、55歳以上で介護施設でのケアを必要とし、州の基準を満たしている人が利用できます(米国の一部地域のみ)。PACEプログラムで提供されるサービスにより、ほぼすべての受益者が家庭で生活できますが、必要であれば介護施設でのケアも提供されます。

PACEには、医師、看護師、理学療法士と作業療法士、ソーシャルワーカー、栄養士、運転手などで構成される集学的チームが参加します。サービスは一般に、デイケア施設で提供され、毎日利用できます。このプログラムでは、施設への送迎も提供されます。一部のサービスは自宅でも受けられます。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP