Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

生活支援施設

執筆者:

Debra Bakerjian

, PhD, APRN, Betty Irene Moore School of Nursing, UC Davis

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

生活支援施設は、日常活動(例えば、入浴、着替え、または処方通りの薬の服用)にある程度の支援を必要とする人向けに設計されています。この施設は、記憶力に問題がある、混乱している、または身体的な問題を抱える高齢者の助けになります。一部の施設には認知症の人のための特別の部屋があって、入居者を注意深くモニタリングできるようになっています。またカップルが、その片方または双方が相手の能力を超える助けを必要としているにもかかわらず、2人一緒の生活を望む場合に、生活支援施設が援助を提供することもあります。

生活支援施設は、小さくて家庭的なものから大規模で配慮が行き届いたものまで様々です。入居者は、専用の住居もしくは浴室付き寝室が与えられるか、または別の入居者と寝室や浴室を共有します。これらの施設では、食事が提供され、日常活動の援助(個人的ケアを含む)を受けることができ、いくつかの社会活動やレクリエーション活動が実施されます。サービス計画は、各入居者がどのサービスや活動を必要としているか、または希望するかを判断する助けになるように、各入居者と協力して作成されます。どの程度の監督や医師による監視が実施されるか、どの特定のサービスや活動が提供されるかは様々であり、ときに施設によって大きく異なります。また、州により施設に対する規制が異なります。

集中的な治療が必要なときは、病院またはリハビリテーションセンターなど、他の施設に移らなくてはならない場合があります。可能であれば、生活支援施設に戻る場合もありますが、不在の間も居住スペースを確保しておくには支払いを継続しなければなりません。

知っていますか?

  • 高齢者居住地区や生活支援施設は、州によって規制が異なり、提供しているサービスやアメニティは様々です。

生活支援施設に移る人は通常、自立して生活する能力を制限する何らかの健康上の問題があるため、日常活動の援助を必要としています。どの程度の支援が提供されるかは、施設により大きく異なります。生活支援施設の高齢者が生涯にわたってそこに滞在できるよう助けることを目標とするケースが増えています。

経済的問題

通常、生活支援施設は提供されるケアが少ないため、介護施設より安価です。しかし、それでもやはり費用はかさみます。生活支援施設の費用は、メディケアの補償対象外ですが、メディケイドでは費用がある程度援助される州もあります。多くの長期ケア保険は、生活支援費用の大部分が支払われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP