Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

介護者:医療従事者

執筆者:

Debra Bakerjian

, PhD, APRN, Betty Irene Moore School of Nursing, UC Davis

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

特に高齢者は、様々なニーズを抱えているため、そのニーズに合った技能をもつ複数の医療従事者を受診しなければならないことが多くあります。このようなケアを集学的ケアと呼びます。各医療従事者の専門分野を把握しておくことが、提供される援助システムをよりうまく活用する助けになることがあります。

医師

高齢者は、家庭医、一般内科医、心疾患(心臓専門医)またはがん(腫瘍医)などの専門医、外科医など、多くの様々な医師を受診することがあります。ときに、一般内科医と様々な専門医が協力してグループ診療を行います。グループ診療では、医師間の紹介やコミュニケーションが容易であり、患者は様々な施設を訪れる必要がありません。

老年病専門医は、通常は内科医または家庭医で、特に高齢者のケアについて訓練を受けています。老年病専門医は、ケアを受ける人のかかりつけ医である場合、またはケアについて相談するために短期間だけ招かれる場合があります。老年病専門医は、同時に多くの病気や問題に対処する訓練を受けています。老年病専門医は、機能と生活の質を最大限に高めることや、慢性疾患を治そうとするのではなく、管理することに焦点をあてます。加齢により体に生じる変化について専門知識を有しているため、病気による症状と加齢による症状を区別できます。また、高齢者を社会的、精神的な観点からも、身体的なニーズと同様に評価します。そして高齢者ができるだけ自立して生活できるように助けます。老年病専門医を受診することで最も便益を受けるのは次のような人です。

  • 非常にフレイルな人

  • 多くの病気を抱えている人

  • 様々な医療従事者の診察を受ける必要のある人

  • 多くの薬を服用し副作用が現れやすい人

看護師

看護師は、診療所、病院、リハビリテーション施設、長期療養施設、もしくは高齢者施設で勤務したり、または高齢者の自宅でケアを提供したりします。看護師は、様々な医療従事者、患者、その家族に情報を提供して、ケアの調整を助けます。また、高齢者が病気や治療に関して抱く疑問についても、看護師の方が聞きやすいことも多くあります。食事、安全性、ストレス管理、睡眠、運動など、健康の維持を助ける方法を、看護師が高齢者に指導する場合もあります。その他の仕事には、バイタルサイン(血圧、脈拍、体温)の確認、採血、処置、患者本人による自己ケアの指導などがあります。看護師が、本人の健康状態(病歴)や家庭の状態について質問することもあります。

正看護師は、しばしば、高齢者の医療の大半を担っています。正看護師は、准看護師や看護助手が行うケアを監督します。正看護師は、身体診察の方法や、医師の評価が必要な変化を確認する方法を教わっています。医師が処方した薬を投与することもできます。准看護師は、常に正看護師の監督下で様々な仕事をします。看護師は、専門分野の高度な訓練を受けることがあります。高齢者のケアの分野で高度な訓練を受けた看護師を高齢者看護専門看護師といいます。

ナースプラクティショナー

ナースプラクティショナーは、診断と治療の追加訓練を受けた正看護師で、一般の正看護師より責任が重くなります。処方せんを書くことや、検査を指示することができます。一部のナースプラクティショナーは成人-高齢者ナースプラクティショナーと呼ばれ、高齢者のケアについて専門的な訓練を受けています。ファミリーナースプラクティショナーも高齢者のケアについて訓練を受けますが、成人-高齢者ナースプラクティショナーほど、高齢者のケアに重点を置いた訓練ではありません。

医師助手

医師助手は、医師やナースプラクティショナーと同じ役割の一部を担っていますが、常に医師の監督下にあります。医師助手の役割には次のようなものなどがあります。

  • 健康状態(病歴)について質問する

  • 身体診察を行う

  • 診断検査の指示

  • 医師が治療計画を立てるのを助ける

  • 手術のアシスタント

  • 注射や傷の縫合など日常的な処置

  • 治療計画の遵守や自己管理に関する情報(健康的な食事や運動に関する情報など)を提供する

医師助手は、長期療養施設を含むほとんどのケア環境で従事しています。患者の自宅で医療を提供する場合もあります。一部の医師助手は高齢者の治療を専門にしています。

薬剤師

薬剤師は、薬の調剤に加えて、処方せんで適切な薬が使用されていることを確認します。高齢者が特に高齢者にリスクのある薬を服用していないことを確かめるためのチェックを行います。また、指示が明確であることや、薬の用量と回数についての情報が含まれていることも確認します。薬の処方と補充の記録をとり、それによって薬の相互作用を確認します。

一部の薬剤師は高齢者のケアを専門としています。彼らはときにコンサルタント(高齢者ケア)薬剤師と呼ばれることがあります。その多くは介護施設で勤務しています。他の医療従事者に、高齢者に適した薬の使用法に関する情報を提供します。

栄養士

栄養士は栄養面でのニーズをどの程度満たしているか評価します。ニーズが満たされていない場合は、食品の選び方と調理法について、具体的にアドバイスします。高齢者の約6人に1人は栄養不良です。栄養士の支援により多くの高齢者が便益を得られます。

療法士

抱えている病気や問題により、異なるタイプの療法士が必要となります。

理学療法士は、各種の機能、例えば歩く、姿勢を変える(立ち上がる、座る、または横になる)、ベッドからいすへ移動する、物を持ち上げる、またはかがむなどが困難な人を評価して治療します。脳卒中、手足の切断、または股関節手術などの問題を抱えている人を担当します。治療には、運動療法、温熱療法、超音波療法、ポジショニング(例えば、可能なかぎり快適であるように、体格と体の構造に適したいすに高齢者を座らせること)などがあります。

作業療法士は、身の回りのこと(例えば、着衣または入浴)、作業、その他の日常的な活動が困難な人を評価して治療します。

言語療法士は、言葉の使用や理解に困難のある人を助けます。嚥下困難のある人(特に脳卒中の後)を助けることもあります。

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーは、退院や施設間の移行の調整を助けます。保険書類などの記入も助けます。家庭や地域で受けられるサービスの特定や、しばしばその手続きも助けます。また、受けたケアやサービスに対して高齢者がどのように反応しているかについての評価も行います。

ソーシャルワーカーは家族を集めて、医療上の重要な問題を話し合うこともあります。多くのソーシャルワーカーは、不安やうつ病を抱えている人、または病気もしくは障害に対処することが困難な人の相談にのります。

ほとんどのソーシャルワーカーは、高齢者特有のニーズをよく知っています。高齢者のカウンセリングや、高齢者が監視または追加の支援を必要としているかどうかの判断について、特別な訓練を受けているソーシャルワーカーもいます。

看護助手

看護助手は、病院、リハビリテーション施設、介護施設、生活支援施設、またはその他の医療施設で、看護師の指導のもと、ケアを実施します。一般に、簡単な健康状態の評価、例えば、体温、脈拍、血圧測定などの訓練を受けています。

また、入浴、着替え、食事などの基本的な日常活動を助ける訓練も受けています。

看護助手は、助けを求める光または音の合図に対応します。

ホームヘルパー

ホームヘルパーは、食事の準備、洗濯の手伝い、簡単な清掃などの家事関連サービスを提供します。

医療倫理の専門家

医療倫理の専門家は、医療で生じる道徳的な問題に関する対立の解決を助けます。例えば、効果がないと思われる治療を中止すべきかどうかについて、医療従事者と家族で意見が一致しない場合があります。医療倫理の専門家は、医師などの医療従事者、弁護士、または医学倫理について特に訓練を受けた人です。一部の病院には、スタッフとして医療倫理の専門家またはそのチームが所属しています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP