Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

介護施設

(高度看護施設)

執筆者:

Debra Bakerjian

, PhD, APRN, Betty Irene Moore School of Nursing, UC Davis

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

介護施設は、慢性疾患に対する医療支援が必要であるが、入院を必要としない人向けの施設です。何らかの状況の変化が、介護施設への入所を決めるきっかけになることがあります。病気が突然悪化したり、またはけがをしたりすることがあります。身体機能が急に悪化する、またはゆっくりだが確実に悪化する場合もあります。家族の事情が変化して、家庭でのケアが困難になることもあります。

「介護施設」という語は、ときにすべての長期療養施設を指す一般用語として使用されることがあります。しかしながら、厳密には基本看護と専門的看護の両方を提供できる州の認可を受けた施設を指します。「専門的」とは、訓練を受けた医療従事者のみが提供できる一部のケアを指します。「介護(ナーシング)」とは、看護師が施設で提供するほとんどのケアを指します。看護師は、入居者に薬を与え、病気のモニタリングをし、処置を監督し、ケアについて医師と相談し、介護施設でのほとんどの活動を計画します。介護職員には、正看護師(最も高度な訓練を受けている)、准看護師、介護助手、施設での介護ケアを監督する介護責任者などがいます。

ケアの監督

各介護施設には、医療を監督する医師である医長もいます。一部の介護施設では、医長が医療を提供する唯一の医師です。しかし、ほとんどの介護施設では、数人の医師が、しばしばナースプラクティショナーまたは医師助手とともにケアを提供します。ときに、以前からある高齢者のケアを担当していた医師が、入所後も継続してその高齢者にケアを提供する場合もあります。また、入居者が医師を選択したり、または入居者が医師に割り当てられたりすることもあります。規則によると、医師、ナースプラクティショナー、または医師助手は、少なくとも2カ月に1回以上、介護施設の全入居者を診察しなければなりません。多くの入居者は、慢性疾患の治療を必要としていたり、または感染症もしくは錯乱など新たな病気を発症したりするため、頻繁に医療従事者の診察を受けます。また、看護師が医師に電話をかけて、問題や治療の変更について話し合うことがあります。

ケアとサービスの種類

多くの介護施設は、継続的な酸素吸入、輸液または薬の静脈内投与(静脈内療法)など、かつては病院でしか実施できないと考えられていたサービスを提供します。

ほぼすべての介護施設で、理学療法、作業療法、呼吸療法、言語療法などのリハビリテーションを実施しています。多くの人は特にリハビリテーションのために介護施設に入所し、数週間後に退所して自宅に戻ります。

歯科医や足専門医、眼科医、神経科医、または精神科医などの専門医が、施設内で入居者の診察と治療を行う場合もあります。しかし、多くの場合、特定の問題を抱える人は、治療のために別の施設に移らなければなりません。

一部の介護施設では、認知症の人のための特別の棟があります。ここには、特別に訓練を受けた看護師が配置されます。多くの介護施設は、死期の近い人のためにホスピスケアを提供します。

すべての介護施設で、医師、看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師を含む施設の集学的チームを利用することができます。ソーシャルワーカーは入居者が介護施設に適応できるよう助けます。適切な場合には、自宅またはより低いケアレベルに戻ることを助けます。孤独で引きこもりがちな入居者を見つけ出し、入居者、職員、家族が互いにコミュニケーションをとる助けになります。入居者と家族が金銭面の準備を行うのをサポートすることもあります。例えば、家族にメディケアメディケイドへの申請方法を教えることもあります。ソーシャルワーカーはしばしば、介護施設での様々な医療従事者によるケアの調整を助けます。これらの医療従事者は協力して、各入居者ができるだけうまく機能を発揮し、最良の生活の質が得られるようにします。

知っていますか?

  • 米国では州政府の保健局が定期的に介護施設を評価しています。介護施設はこの評価を入居者とその家族に公開しなければなりません。

一部には家庭というより病院のような介護施設もありますが、多くの介護施設は、規則や規制によって運営される組織的な環境から、入居者が自身のケアを管理する家庭に近い環境に変化するよう取り組んでいます。一部の介護施設は、ペットを認め、入居者がそれまでの趣味を続けたり、または新たな趣味を見つけることを奨励し、近隣に住む様々な年齢層の人々と接する機会を多く提供しています。しかし、介護施設の入居者は通常病気がちでフレイルであるため、このような環境の実現は簡単ではありません。多くの介護施設には食堂、娯楽室、美容院、テラス、庭園があります。すべての介護施設がレクリエーション活動や社会活動を提供しています。

介護施設は政府により高度に規制されています。介護施設の質をモニタリングし、評価するため、州保健局が調査と査察を実施し、入居者と職員を面接します。この評価の写しは介護施設に保管されており、入居者とその家族による閲覧が可能です。介護施設でも別のプログラムを実施して、ケアの質のモニタリングし改善に役立てています。

選択

介護施設は政府からのモニタリングや規制を受けていますが、それでも各施設の質、特徴、必要な費用は大きく異なります。したがって、介護施設に関心のある本人または家族はできる限り多くの情報を得るように試みるべきです。介護施設の管理者に対し施設に関する州の評価を見せてもらうよう依頼することができます。

メディケアの介護施設比較ツール(Medicare's nursing home comparison tool)では、すべてのメディケアおよびメディケイドの認定介護施設に関する詳細な情報が得られます。メディケア・メディケイド・サービス・センター(Centers for Medicare and Medicaid Services)は、要介護者、家族および介護者が介護施設をより簡単に比較できるよう、5つ星品質評価システム(Five-Star Quality Rating System)を作りました。この評価システムには、介護施設がどの程度、入居者の身体的および臨床的ニーズにうまく対応しているかについての情報が含まれています。また、以下のような、介護施設の入居者でよく発生したり悪化したりする問題の検討も含まれます。

  • 日常的な活動を行う能力の低下

  • 低栄養

  • 体重減少

  • 床ずれ

  • 失禁

  • 痛みの管理

  • 便秘

  • 感染症

  • 抑うつ

  • 薬の使い過ぎ

これらの評価が妥当かどうかについては議論もあります。それでも介護施設を比較する助けになる情報が得られます。

管理者に尋ねるべきその他の重要な質問には、以下のものがあります。

  • 介護施設がメディケアやメディケイドでカバーされるための認定を受けているか。

  • 入居者のケアに対する調査はどのくらいの頻度で行われるのか。

  • どのような医療が提供されるのか。

  • 本人と家族がケアの調査に参加できるのか。

  • 家族や入所者の会合を実施しているか。

質問によっては、管理者は直接、介護施設の医長または介護責任者に回答してもらう場合があります。

施設のことをよく知る他の人々の話を聞くことも役に立ちます。例えば、長期ケアのオンブズマン(介護施設を訪問し苦情について調査する人)、医師、聖職者、入居者の家族、入居者、介護施設の従業員などがいます。一部の施設には入居者の家族と友人も参加する入居者の組織があり、介護施設でもち上がった問題について話し合います。これらの組織が、入所を考えている家族に役に立つ情報を提供してくれます。しかし、サービスの質がよいか、愛する人にとって適した場所であるかを判断する最も良い方法は、通常、施設を突然訪問して数時間見学することです。

介護施設を選ぶ

ケアの理念

  • 単に保護型ケア(入浴、食事、着替えなど)だけを提供する施設か、または入居者の身の回りのことを自分で行う能力を最適化しようと努めているか。

環境

  • 介護施設は魅力的か、親切か、家庭的か、くつろげるか。

  • 不快な匂いはしないか。介護施設は清潔でよく維持管理されているか。

  • 食堂や他の共通スペースは明るく、活気があり、居心地がよいか。

  • 共通スペースの騒音をどのようにモニタリングして、近くの部屋の入居者の邪魔になるのを防いでいるか。

  • 敷地内に、安全で歩きやすい歩道があるか。

  • 庭園またはテラスがあるか。

  • 介護施設に火災報知器、スプリンクラーなど、適切な安全装置が備えられているか。火災などの緊急時に対してどのような計画があるか。

入居者

  • 介護施設は新しい入居者を受け入れているか。

  • 入居者はそれなりに幸せで活動的に見えるか。目的もなく徘徊する、または座って何もしていないような様子はみられないか。

  • 入居者は清潔で、きちんとした服装をしているか。

  • 拘束された入居者はいないか。

職員

  • 職員は入居者をていねいに、根気よく、親切に扱っているか。

  • 職員は経験と資格があるか。

  • 毎日同じ職員が入居者をみているか。

  • 職員の離職率が高くないか。

  • 職員は適切な時間をかけて援助の求めに応じているか。

  • 入居者と職員数の比率はどの程度か。

部屋

  • 十分な保存または収納スペースがあるか。

  • 入居者の部屋は明るく陽気な感じか。

  • 個室を使用できるか。

  • 同室者はどのように選ばれるのか。

  • 私物をどのように保管しているか。

  • 個人用の電話、テレビ、インターネット接続サービスを所有できるか。

  • 必要な場合に、手近なところで水を利用できるか。

  • 自分の所有物を部屋に飾れるか。

  • 手すりや引きひも式呼び出しスイッチなどの安全装置はあるか。

食事

  • 食事時間はいつか。

  • 温かい食事が出されるか。

  • 食間に軽食をとれるか。

  • 自室から食堂に容易に行けるか。

  • 必要であれば、食事を自室でとれるか。

  • 食事はおいしく栄養があるか。

  • 特別な食事またはメニューの依頼はどのように取り扱われるか。食事の選択はできるか。

  • 必要なときに、特別食が提供されるか。追加料金が必要か。

  • 職員が食事の援助をしてくれるか。

  • 職員に管理栄養士はいるか。

医療

  • 入居者は介護施設の医師ではなくかかりつけ医にかかることができるか。

  • 介護施設の医師には、どれくらいの頻度でどこで診てもらえるのか。

  • 介護施設は近くの病院と提携しているか。

  • 入居者が入院しなければならない場合、退院後の再入所は確保されるのか。

  • 他の医療従事者(歯科医、足専門医、理学療法士、検眼士、カウンセラー、ソーシャルワーカーなど)のケアを受けられるか。

  • 療法プログラム(理学療法、作業療法、または言語療法など)は提供されるのか。

  • アルツハイマー病またはHIV感染症などの病気の人に対する特別なプログラムがあるか。

  • 終末期疾患の入居者にどのようなサービスが提供されるか。

  • 処方薬の注文や投与方法はどのようになっているのか。薬の使用はどのようにモニタリングされるのか。

  • 入居者が非処方販薬を所持することに対する方針はあるか。

  • ケア計画の作成に入居者本人と家族が参加することを勧めているか。

サービス

  • 毎日の口腔ケアに対する援助があるか。

  • 個人的な洗濯はどうするのか。

  • 読み物を入手できるか。

訪問

  • 介護施設は、家族や友人が頻繁に訪問するのに便利な場所にあるか。

  • 家族はいつでも訪問できるか。

活動

  • どのような活動が提供されるのか。

  • 入居者は活動への参加を勧められるか。活動について入居者にどのように伝えられるか。

  • 活動の監督者はいるのか。

  • 活動への参加に別途費用を要するのか。

  • テレビまたはゲームなど、他の活動のための部屋があるのか。

  • 敷地内で宗教的サービスが行われるのか。

費用

  • 入居者が必要なすべてのサービスは、基本料金でまかなわれるのか。

  • どのサービス(美容院または洗濯など)に追加料金が必要か、金額はいくらか。

入居者の権利やプライバシー

  • 介護施設は、入居者、家族またはその両方の会合を積極的に実施しているか。

  • 入居者は自由に外出できるか。

  • 拘束具が使用されているか。使用されている場合は、いつどのような理由で使用されるのか。

  • 個室のドアに鍵はあるか。職員は入るときにノックをするか。

  • 夫婦は一緒に住めるか。プライバシーはあるか。

  • 入居者の性的欲求が尊重されるか。

  • どれくらいの頻度で入浴できるか。いつでも入浴またはシャワーを利用できるか。浴室やシャワー室は十分暖かく保たれているか。これらの場所でどの程度プライバシーが守られているか。

  • ペットが許されているか。ペットを連れて訪問できるか。

  • 自室に食べものまたはアルコールを保持できるか。

  • 貴重品の置き忘れまたは紛失に対する介護施設の方針はあるか。

  • 緊急時に誰が家族に連絡するか。

  • 退所を希望する場合、通知または返金の方針はあるか。

経済的問題

米国では、ほとんどの介護施設が提供するケアの費用は、メディケイドと自己資金で支払われています。3日以上の入院後に専門的ケアを必要とする場合、認定介護施設で行われる短期間のリハビリテーションの費用はメディケアにより補償されます。継続的に状態が改善していれば、最長で100日間がメディケアでカバーされます。20日間についてはすべての費用がメディケアによって補償されますが、残りの80日間については一部自己負担が必要です。100日以降は、自己資金で支払うか、または認定されればメディケイドから支払われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP