Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

老化が加速する病気

執筆者:

Richard W. Besdine

, MD, Warren Alpert Medical School of Brown University

最終査読/改訂年月 2017年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

特定の病気は老化と同じ影響をもたらします。老化の原因を解明するために、そうした病気で何が起きているかを調べる研究が行われています。例えば、そのような病気の患者に欠損している遺伝子を特定し、高齢者の同じ遺伝子と比較します。

早老症様症候群

早老症様症候群はまれな病気で、早期老化を引き起こし、余命が短くなります。

早老症様症候群では、老化過程が著しく加速されます。この病気を発症した小児では、頭髪の脱毛(禿頭[特等])、曲がった腰、乾いて弾力がなくしわのよった皮膚など、老人のもつ外見的特徴のすべてが発生します。しかし、通常の老化と異なり、卵巣と精巣は機能せず不妊症になります。女性では月経がありません。この病気の小児は異常に低身長です。したがって早老症様症候群は、急速な老化の正確なモデルとはいえません。

ハッチンソン-ギルフォード症候群(早老症)

この症候群は幼児期に始まります。遺伝的な異常が原因ですが、通常は遺伝しません。すなわち、遺伝子異常(突然変異)が自然に起こります。弾力がなくしわのよった皮膚、頭髪の脱毛(禿頭)、その他の通常は加齢に関連している問題(心臓、腎臓、肺の病気、 骨粗しょう症 骨粗しょう症 骨粗しょう症とは、骨密度の低下によって骨がもろくなり、骨折しやすくなる病態です。 加齢、エストロゲンの不足、ビタミンDやカルシウムの摂取不足、およびある種の病気によって、骨密度や骨の強度を維持する成分の量が減少することがあります。 骨粗しょう症による症状は、骨折が起こるまで現れないことがあります。... さらに読む 骨粗しょう症 など)を引き起こします。体が正常に成長せず、頭に比べ異常に小さい外観になります。ほとんどの小児は10代で死亡します。その原因は、通常は心臓発作または脳卒中です。この病気を引き起こす突然変異は特定されており、その異常遺伝子の阻害薬を検討する臨床試験では、有望な結果が得られています。

ワーナー症候群

この遺伝性症候群は青年期または成人期の初期に発生します。皮膚の弾力が失われてしわがよったり、頭髪が抜けたりする(禿頭)ほか、以下のような加齢に関連する問題が生じます。

ダウン症候群

ダウン症候群 ダウン症候群(21トリソミー) ダウン症候群は、余分な21番染色体によって引き起こされる染色体異常症の一種で、知的障害と様々な身体的異常がみられます。 ダウン症候群は、21番染色体が余分に複製されることで発生します。 ダウン症候群の小児では、発育の遅れ、精神発達の遅れ、特異的な頭部と顔貌、しばしば低身長がみられます。 出生前の段階では、ダウン症候群は超音波検査や母親の血液検査の結果から疑われ、絨毛採取や羊水穿刺という検査で確定されます。... さらに読む ダウン症候群(21トリソミー) 早老症様症候群 早老症様症候群 特定の病気は老化と同じ影響をもたらします。老化の原因を解明するために、そうした病気で何が起きているかを調べる研究が行われています。例えば、そのような病気の患者に欠損している遺伝子を特定し、高齢者の同じ遺伝子と比較します。 (老化の概要も参照のこと。) 早老症様症候群はまれな病気で、早期老化を引き起こし、余命が短くなります。 早老症様症候群では、老化過程が著しく加速されます。この病気を発症した小児では、頭髪の脱毛(禿頭[特等])、曲がった... さらに読む よりはるかに多くみられます。この病気も、高齢者に典型的な問題を若い成人に引き起こします。

  • 耐糖能障害

  • 血管の病気

  • がん

  • 脱毛

  • 骨の変性疾患

  • 若年での死亡

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP