Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

高齢者に影響を与える社会的問題に関する序

執筆者:

Daniel B. Kaplan

, PhD, LICSW, Adelphi University School of Social Work;


Barbara J. Berkman

, DSW, PhD, Columbia University School of Social Work

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

加齢とともに、誰でも日常生活を営む力(機能的な能力)がある程度衰えます。また、高齢者は平均して、若い人より多くの病気や障害を抱えている傾向があります。しかし、加齢に伴う変化は単に健康面の変化だけではありません。社会的問題(生活環境または職業の種類など)は高齢者の病気のリスクと発生に影響を与えます。

医師は、自身と医療チームの他のメンバーがケアに対するニーズと社会的支援を評価する助けになるように、しばしばいわゆる社会歴を聞き取ります。医師は、高齢者と介護者がケア計画を立てる助けになるように、社会歴を利用します。医師は以下の事柄について質問します。

  • 家族状況と配偶者またはパートナーの有無

  • 生活環境

  • 経済状態

  • 職業歴

  • 学歴

  • 典型的な日常生活(例えば、どのように食事を準備するか、どのような活動が人生に意味を与えるか、どこに問題が起きている可能性があるのか)

  • 介護者が必要か、介護者を確保できるか

  • 心的外傷歴、愛する人を失った経験、これまでの対処力に関する情報

  • 物質使用歴とこれまでの法的問題に関する情報

  • 高齢者自身が負う介護の責任(家族を介護している高齢者は、自分自身の症状を報告した結果行われる医学的処置または入院が介護の妨げになるといけないと考え、自分自身の症状を報告したがらないことがあるため)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP