Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

高齢者におけるセルフネグレクト

執筆者:

Daniel B. Kaplan

, PhD, LICSW, Adelphi University School of Social Work;


Barbara J. Berkman

, DSW, PhD, Columbia University School of Social Work

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ときに、高齢者は自分の身の回りのことをしなくなります。高齢者は、自分自身の食事や薬の摂取を怠ったり、またはその他の必要な活動を行わなくなったり、身の回りを清潔にすることに無頓着になることがあります。この問題をセルフネグレクトといいます。

高齢者が以下のような状況のときにセルフネグレクトが最も起こりやすくなります。

  • 一人暮らしで孤立している

  • 記憶力または判断力が損なわれる病気(アルツハイマー病など)

  • 複数の慢性疾患

  • 物質乱用

  • 重いうつ病

しかし、特に医学的な問題がない人もいます。これらの人がセルフネグレクトの状態になる理由は分かっていません。

セルフネグレクトの場合、自分もしくは衣服の清潔を保たない、請求書の支払いをしない、またはほとんど食事をとらず、脱水症状や栄養不良に陥ることがあります。生命を脅かす健康上の問題を抱えている可能性があっても、医師の診察を受けないことがあります。または、医師の診察を受けても、治療を拒否したり、処方された薬をもらわなかったり、またはフォローアップのための受診に行かなかったりします。家は不潔であったり、危険で荒れていたり、または動物もしくは害虫がはびこっている場合もあります。ときに、セルフネグレクトは、火災の危険を高めるなど、公衆衛生に危険をもたらすこともあります。

セルフネグレクトと自律やプライバシーの権利を区別することは、家族、友人、医療従事者にとって極めて難しい問題です。高齢者は納得の上で選択をしているのかもしれません。他者が望まない方法で暮らすことに決めただけかもしれません。多くの場合、ソーシャルワーカーは状況を見極めるのに適任であり、家族または友人からの通報を受けて介入することができます。介入が必要と考えられる場合は、電話1本で援助が得られます。最初にかかりつけ医に連絡するのも良い方法です。成人保護サービス(Adult Protective Services)または州の高齢者部門(高齢者介護サービス情報センター[Eldercare Locator]:800-677-1116を通じて電話番号が入手できます)は、自宅の安全性評価の調整、高齢者のカウンセリングサービスの利用手配、緊急時対応システムの入手手配、追加的な支援サービスへの紹介、必要な場合は入院できるよう取り計らうことにより、助けになります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP