Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

高齢者の治療目的

執筆者:

Richard G. Stefanacci

, DO, MGH, MBA, Thomas Jefferson University, Jefferson College of Population Health

レビュー/改訂 2022年 5月
プロフェッショナル版を見る

医学的介入の想定される便益としては以下のものがあります。

  • 治癒

  • 余命の延長

  • 病気の進行を遅らせる

  • 生活の質の向上(日常の活動をこなす能力が向上するなど)

  • 症状の緩和

  • 合併症の予防

医学的介入の潜在的な悪影響としては以下のものがあります。

  • 死亡

  • 不快感、長期の疲労、筋力低下、移動性の低下、失禁などの症状

  • 不自由

  • 費用

  • 追加の検査や治療の必要性

治療により便益が得られる可能性が非常に高く、かつ悪影響が生じる可能性が非常に低い場合には、決定は比較的容易です。しかし、重大な悪影響が生じる可能性がある場合は、生活の質を考慮した決定を行うために主治医と協力する必要があります。例えば、積極的ながん治療は延命につながっても、その治療により生活の質が大幅に低下するような深刻な悪影響(慢性的な吐き気や嘔吐)が生じることがあります。このような場合、生活の質と生存期間を考えたときの患者の希望、ならびにリスクと不確実性に対する患者の許容度が、医療上の目標の変化や新たな設定につながる可能性があり、どのような医学的な介入を行うべきかの指針となることがあります。

異なる治療法(例えば、手術を受けるか薬を服用するか)が異なる便益や悪影響、またはその両方をもたらす可能性がある場合にも、生活の質についての患者の希望が治療法の決定に影響を及ぼすことがあります。医療従事者は、患者が様々な治療法によって起こりうることついて理解するのを助け、患者がより多くの情報を得た上で 検査 検査に関する決定 多くの様々な病気で同じような症状が現れることがあるため、原因を特定するのはかかりつけ医などの医師にとって困難な場合があります。医師はまず、問診と診察によって基本的な情報を集めます。たいていの場合、診断を下すにはこれだけで十分です。少なくとも、基本的な情報によって、可能性のある診断のリストを絞り込み、行う必要のある検査の数を減らすことができます。可能性のある診断のリストをまず絞り込む前に検査を行った場合、費用がかかったり、誤った診断のリス... さらに読む 治療 治療に関する決定 医師は治療を勧める前に、その治療に伴うメリット(便益)とデメリット(リスク)の可能性を慎重に検討します。( 医療に関する意思決定の概要と 科学としての医学も参照のこと。) かつての医療では、患者の参加が不十分なまま、そして利用可能なすべての治療法のリスクと便益を説明しないまま、しばしば医師が患者に代わって決定を下していました。しかし、このアプローチは適切でないと認識されてきています。... さらに読む に関する決定を下せるようにします。

医学的な決定を下す場合、しばしば患者の年齢よりも期待余命が重要となります。例えば、期待余命が限られている人では、進行が遅い病気の積極的な治療(例えば、限局性で増殖の遅い前立腺がんに対する前立腺全摘除術)を行っても、その便益が得られるほど長く生きられないことがあります。期待余命が限られている人であったとしても、生活の質を改善する可能性がある侵襲性が高い治療法(例えば、人工関節置換術)の実施を検討することもあります。

全体的な治療目標にかかわらず、医師は、痛み、吐き気、息切れなどの症状を緩和するためのケアの必要性を考慮します。このような症状を抱えて生活しなければならないことは、生活の質に大きな影響を及ぼす可能性があります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP